読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口内炎になった幼児に使える薬

口内炎薬

f:id:kuriedits:20141218105059j:plain

4歳の子が口内炎に・・・

この失敗は、ドラッグストアでバイトを始めて半年後くらいだったと思う。夜遅くに、30~40代の男性客が来て、

「4歳の子にも使える口内炎の薬ありますか?」

と聞いてきた。ちょっと困った。早く治すならステロイド入りの薬を勧めるけれど、4歳の子にステロイドを使っていいものだろうか?口内炎薬のコーナーに案内する間、頭の中で「どうする?」と考え続けた。

うちのドラッグストアには、12種類の口内炎薬がある。一部のステロイド薬は年齢制限が明記されている。でも、年齢について何も書いていないステロイド薬もある。年齢制限がないということは、子供に使ってもいいということだろうか?

商品を手に取ってパッケージを確認しても、それ以上の情報は書かれていない。すでにメーカーの窓口も閉じた時間で、確認することもできない。さあ、どうしよう。

結局、僕は無難な線を選んで、ステロイドが入っていない薬を勧めることにした。男性は「ありがとうございます」と言ってくれたけど、僕はちょっと苦い顔をしていたと思う。心の中で、

「あの薬がベストかどうかはわからない。でも、間違いではない」

 と言い聞かせた。

 

 勘違いしている専門家もいる

でもやっぱり気になっていた。後日、ステロイド入りの口内炎治療薬として代表的な「ケナログ」のメーカーに電話をかけた。そして、お客様相談室に、何歳から使用が可能かと聞いてみた。「特に年齢制限はない」という回答だった。この回答は想定内だったけど、次の情報は想定外だった。1才6か月の赤ちゃんに使用して副作用は認められなかったという報告があるというのだ。

ガーン!

それならステロイドを選択肢に入れてもよかったかもしれない・・・。お父さん、ごめんなさい(”1才6か月”というのは、あくまで医療者向けの情報なので、一般消費者が「赤ちゃんに使ってもいいんだ」と考えてはいけない。また、ケナログと同じ成分でも、剤型によっては年齢制限が明記されている製品がある。必ずパッケージの使用上の注意を確認すること!)。

しかし、ネットで検索すると、どうやら僕と同じような勘違いをしている人が他にもいることがわかった。薬局薬剤師が書いたあるサイトには、”ステロイドが入った市販口内炎薬は子供には使えない”というような記載があった。

そして同僚の登録販売者(資格取得2年目の正社員)も同じような勘違いをしていた。ある日「小さい子への口内炎薬って、どれを勧めればいいんでしょうか?ステロイドは使えないじゃないですか」と相談を受けたので、とりあえず何食わぬ顔で「そんなことはないと思いますよ」と言ってみた。

 

普通の口内炎でない場合はステロイドはダメ

もちろん、ステロイドを自己判断でどんどん使ってよいという話ではない。やっぱりステロイドを使うなら、自分で症状を言葉で伝えられる3歳くらい(※)なのかなと個人的には思う。 同じような相談を再び受けても、僕はまた安全策をとって、ステロイドが入っていない薬を勧めるかもしれない。

また、これは子供に限らず、ステロイドを使う人全体にいえることだけど、本人が普通の口内炎(アフタ性口内炎という)と思っていて、実はそうでなかった場合に注意したい。ステロイドは免疫を抑える薬。裏を返せば、症状の原因菌やウイルスを増やす可能性がある。原因によっては症状が悪化するということだ。購入前に薬剤師・登録販売者に相談するか、使用後に症状が悪化した場合は速やかに受診することをお勧めしたい。 参考までに、日本口腔外科学会が紹介している口の病気を紹介する。

http://www.jsoms.or.jp/public/kouku_geka/setumei_koku.html

 

※ よくあるご質問 トラフル軟膏|第一三共ヘルスケア