読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレジデントの特集記事「薬剤師は絶対飲まない薬」ってどーよ?

メディア

f:id:kuriedits:20141218195352j:plain

 

良記事?悪記事?ネット上の評判は・・・

最新号のプレジデントが「病院の裏側」という特集を組んでいる。特集の中で「薬剤師は絶対飲まない『ヤバイ薬』」という記事があることを新聞広告で知り、上手いタイトルにつられて購入した。750円。

 

f:id:kuriedits:20141218180405j:plain

 ところが、これが、読者目線で見ても薬剤師目線で見ても、近年まれに見るほど首をかしげまくりの医療記事だった。あーこれは薬局と病院の薬剤師が見たら一言いいたくなる記事だねーと思いながらツイッター上で検索したら、こんな薬剤師さんのツイートが一つひっかかった。

 

 

この意見に賛同する医療者は、結構いると思う。

けれども一方で、ネット上ではこんなつぶやきもあった。

 

スティーブンスジョンソン症候群は、一般の人々が知っておくべき情報だ。少なくともこの人にとっては、とても有益な記事になったことは間違いない。

記事内容に一定の理解を示す、別のツイートもあった。

 

  

この2点は言っておきたい!

 こうしたウェブ上の反応は、メディアはどうあるべきか、医療者はどうあるべきか、ということを考えさせられた。ぼくは、この特集には不適切なミスリードがあると思う。読者として次の2点は、はっきりプレジデント編集部に申し上げたい。

 

①タイトルは「薬剤師は絶対飲まない『ヤバイ薬』」なのに、記事の本文は「ヤバイ薬」について書かれていない。まったくの釣りタイトル。

②紙面に薬剤師の深井良祐氏が監修している「薬剤師は飲まない危険なケース」という図版で、アセトアミノフェンやステロイド治療薬などが挙げられている。さらっと読むと(大体の読者はそうだろう)、アセトアミノフェンやステロイド治療薬が、薬剤師が飲まない危険な薬であるかのような印象を持つ。タイトルの位置と、図版のデザインが不適切。ここはメインコンテンツなのだから、もっと慎重に作るべきでは?

 

なんでこんなふうになったのか、紙面デザインが「中城デザイン」であることを含めて色々原因は考えられるのだけど、それは出版業界の内輪ネタになるのでここでは触れない。

とりあえず750円損した。

みんなはどう考えてるのだろう。