ドラッグストアにはヘンな店員がいる。その3つのタイプ

f:id:kuriedits:20150121161514p:plain

ドラッグストアの店員って、大した薬の知識ない?

先日の記事に、ぼくしさん(ID:masafuro)がコメントをくださった。そのなかに、

「その割に、薬の知識が豊富なわけではないんですよね。」

というくだりがあって、僕はこれを最初勘違いして、

「ドラッグストアの薬剤師って大して薬の知識ないですよね。」

という意味だと思った。世間の人はこんなふうに考えているのではないか?と感じた。

 

よろしくない薬剤師の 3タイプ

なぜなら、僕自身が消費者としてドラッグストアに行き、「店員に聞いてよかった~」と思った記憶はほとんどないからだ(むしろ不快に思った記憶の方がある)。はっきりいって、ドラッグストアで薬を売る店員(薬剤師・登録販売者)は、消費者が求める要求に満足に応えていないと思う。そこで、僕が見てきたドラッグストアに勤務するあまりよろしくない薬剤師のタイプを極端化してみる。

 

①お金のために仕方なく働く「腰掛タイプ」

病院や薬局に勤務していた経験あり。知識は豊富だけど、実は市販薬にはあまり詳しくない。市販薬を医療用医薬品の劣化版だと思っている節あり。プライド高い。

②実務経験ないのに研修なしで働く「免許依存タイプ」

元製薬メーカー勤務などで、薬剤師としての実務経験がないのに、免許保持者というだけで一切研修を受けることなく働いてしまっている。口が上手い。お金儲け好き。

③新しい知識を学ぶ意欲を失った「経験だけが財産タイプ」

最新事情に疎いし、そもそも興味ない。

 

多少おもしろおかしく書いてしまったけど、だいたいこんな感じ。ちなみに僕は②にあてはまる。頑張ります。

 

人手不足と法規制が原因

こうした薬剤師が現場にいる背景は2つある。一つは人手不足。薬剤師が足りないために、売り手市場になり、安易に採用してしまう。もう一つは、法律上、薬剤師しか売れない薬(第一類医薬品)があること。経営側としては、その薬を売るためには、どうしても薬剤師を雇わなくてはいけない。

僕はアルバイトをする時に4社で面接をした。どの社の担当者も、持参した履歴書には目もくれず、「得意分野は何ですか?」といった面接なら当然ありそうな質問もなかった。代わりに、時給や就業時間などの雇用契約の話ばかりだった。薬剤師なら誰でもOKっ!感がありありと出ていて、僕は正直めちゃくちゃ腹が立った(履歴書を用意しろと言っおいて一切触れないのは失礼である)。

 

ドラッグストアに期待していいんじゃん?

ただ、決して「やっぱドラッグストアの薬剤師って使えないじゃん」と早合点しないでほしい。こういうヘンな薬剤師が全員ではないし、優秀な薬剤師は当然いる。それに”使えない”と思うのは勝手だけど、それでも薬剤師は普通の人の何十倍もの知識を持っている。だからドラッグストアでは、絶対、薬剤師に相談したほうが得なのだ。これは僕のポジショントーク(薬剤師の肩を持つための意見)ではなく、ドラッグストアで働いてみてわかったことだ。

それにグッドニュースもある。ドラッグストアの社員教育が昔よりも充実して、能力の高い人材が増えていることだ。薬学部で学生教育を担当している知り合いの教授によれば、ドラッグストアに就職して市販薬を扱いたいという学生は確実に増えているらしい。一昔前では考えられないほど大きな変化だ。いま政府が行っているセルフメディケーション政策は、この傾向を後押しするだろう。ドラッグストアの人材は優秀になっていく。僕ら(消費者)にとってはいい話だ。