読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新ルルA錠」VS「パブロンS錠」、総合力ならパブロンの勝ち

風邪薬

f:id:kuriedits:20141115100346j:plain

 

「新ルルA錠」と「パブロンS錠」の違い

種類がたくさんある風邪薬。どれが効くのか?はっきりさせようじゃないか。風邪薬の代表格「ルル」「パブロン」のうち、最も安価な「新ルルA錠」と「パブロンS錠」を比べてみた。

 

症状別に見た有効成分(赤字が両剤の違い) ※成分量は一日量換算

新ルルA錠
頭痛い・・・ アセトアミノフェン900mg、無水カフェイン75mg
喉痛い・・・リゾチーム60mg
鼻つらい・・・ クレマスチン1.34mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、dl-メチルエフェドリン60mg、ノスカピン36mg、グアヤコールスルホン酸240mg
その他の要素・・・ビタミンB1誘導体24mg
 

パブロンS錠
頭痛い・・・アセトアミノフェン90mg、無水カフェイン75mg
喉痛い・・・リゾチーム60mg
鼻つらい・・・ マレイン酸カルビノキサミン7.5mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、dl-メチルエフェドリン60mg、 ブロムヘキシン12mg
その他の要素・・・ビタミンB1誘導体24mg、 ビタミンB212mg

 

喉と鼻がつらいならパブロンが優位

上記の成分から、次のように考えた。

 

●喉の症状を少しでも早く抑えたいなら「パブロンS」(※1)

●鼻への効き目を少しでも早く求めるなら「パブロンS」(※2)

●痰のからまない咳なら「新ルルA」(※3)

 

これは成分表示からの個人的な予測であり、実際の症状改善の優劣を保証したものではない。現場の薬剤師・登録販売者は、安全性を含めてここで触れた3倍の情報量は持っている。自分にとって最良の薬を選ぶには、彼等に相談することをお勧めしたい。

なお、優劣の判断に疑義がある方はコメントいただければ幸いです。

 

※1粘膜に作用するビタミンB2の差とした。ただし、わずかな差と考えられる。

※2咳を抑えるノスカピンの差とした。ブロムヘキシングアヤコールは痰の薬。

※3マレイン酸カルビノキサミンの特徴として効き目が早いとされているため。一方クレマスチンは比較的効果が持続するとされる(ともに『OTC医薬品販売のエッセンス』平成25年版参照)。