読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ルルアタックEX」VS「ベンザブロックLプラス」、喉の痛みならルルの勝ち

f:id:kuriedits:20141126111711j:plain

ネットで評判の「ルルアタックEX」VS綾瀬はるかの「銀のベンザ」

喉の痛みに効く風邪薬は、どれがいいのか?はっきりさせようじゃないか。ネットで評判の「ルルアタックEX」と、綾瀬はるかがCMに登場する“喉からくる人の銀のベンザ”こと、「ベンザブロックLプラス」の成分を見比べた。

 

症状別に見た有効成分(赤字が両剤の違い) ※成分量は一日量換算

ルルアタックEX
頭痛い・・・ イブプロフェン450mg
喉痛い・・・イブプロフェン450mg、トラネキサム酸750mg
鼻つらい・・・クレマスチン1.34mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、dl-メチルエフェドリン60mg、ブロムヘキシン12mg

その他の要素・・・ビタミンB1 25mg、ビタミンB2 12mg
 

ベンザブロックLプラス
頭痛い・・・ イブプロフェン450mg、無水カフェイン75mg
喉痛い・・・ イブプロフェン450mg
鼻つらい・・・ プソイドエフェドリン135mg、d-クロルフェニラミン3.5mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、L-カルボシステイン750mg

 

両者に含まれる成分は結構異なる。

 

ルルアタックEXが常によいとは限らない

ここから次のように考えた。

 

●頭が痛いなら「ベンザブロックLプラス」

●喉が痛いなら絶対「ルルアタックEX」

●鼻症状の中で特に鼻づまりを抑えたいなら「ベンザブロックL」(※)

●咳を抑えたいなら「ルルアタックEX」(※)

 

喉の痛みを抑えるには、やはり「ルルアタックEX」のほうが優れている。ただし、喉の痛みと鼻づまりが同じくらい気になるなら、ベンザのほうが適している。また、喉の痛みと頭痛が同じくらい気になる場合も、ベンザのほうがよさそうだ。

2つの薬は、安全性も異なる。

「ルルアタックEX」に含まれる喉の痛みに効く抗炎症成分「トラネキサム酸」は血を固めやすくする傾向があるので、血栓ができやすい人はちょっと注意が必要だ。また、女性が美容に使う肝斑治療薬「トランシーノⅡ」とは、実は同じ成分なので同時併用できない。

「ベンザブロックLプラス」に含まれる鼻づまりを治す「プソイドエフェドリン」は血管を収縮させるので、高血圧の人には使えない。また、血管以外の交感神経も刺激するので、糖尿病や尿の出が悪い人にも使えない。高血圧や排尿困難の可能性が高い高齢者には向かない薬といえる。

副作用は挙げるとキリがないので、ここらで止めておく。

2つの薬はそれぞれ作用する成分が異なる。どちらが危ない薬であるというのではなく、人によって気を付けるポイントが異なるということだ。もちろん、通常の健康成人であればどちらも服用して全く問題ないが、安全性と効果を考えて自分にとって最良の薬を選ぶには、薬剤師・登録販売者に相談するのが最善であると思う。

優劣の判断に疑義がある方はコメントいただければ幸いです。

 

 

※血管収縮成分であるプソイドエフェドリンの差とした。

※ベンザに含まれるプソイドエフェドリン(鼻への成分)は、交感神経β2を刺激するから気管支を拡張して咳症状に期待できないのだろうか?という気はするが、OTC薬に関する書籍ではプソイドエフェドリンは鼻づまりの薬として記載しているため、ここでは触れない。よって、咳に関してはメチルエフェドリンの差でルルアタックが優れているとした。