読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「タナベ胃腸薬<調律>顆粒」は全て自主回収となりましたよ。知ってますか?

f:id:kuriedits:20150218193052p:plain

成分量が基準を満たさず全品回収

なんかほとんどニュースになっていないから一応言っておくと、先日、胃腸薬の「タナベ胃腸薬<調律>顆粒」がすべて自主回収になった。タナベ胃腸薬には顆粒と錠剤がある。今回回収されたのは「顆粒」のほう。まじでか・・・。



製造販売元の田辺三菱製薬の担当者に聞いたところ、同社が出荷前の製品を自主検査をしたところ、成分量が基準を下回るものが見つかった。そこで、すでに市場に出回っているものも検査したら、やっぱり不適格なものがいくつか見つかった、とのこと。同社は全ての商品を回収することに決めた。

リリースは次の通り。薬を持っている人は、同社の相談センターに連絡してほしいと呼び掛けている。 

http://www.mt-pharma.co.jp/release/topics/2015/pdf/OTC150213.pdf

 

去年は製造委託先がデータ偽装で業務停止処分

リリース内容を見る限り、飲んだ人に健康被害がでそうな出来事ではない。

ただ、この薬は去年も、ひと騒動あった。製造委託先の会社の担当者が(製造販売元と表示しながら、実は田辺三菱製薬が直接作っているわけではないのです。いわゆるOEMというやつです)、製造途中の品質検査で不適格だったのにもかかわらず、検査結果に問題がないように書き換えていたことがわかったのだ。

データ偽装は発覚の2年前に行われていて、担当者は他社の薬でもデータを偽装していた。偽装の発覚後、薬事法違反で工場は10日間の業務停止処分を受けている。あーあー。


つなごう医療 中日メディカルサイト | 有効成分量を虚偽表示 富山の前田薬品

 この前段を踏まえると、今回ふたたび品質の問題が発覚した田辺三菱製薬に対しては、「全品回収という迅速な対応をした」と評価すべきなのか、「2度も起きるのは品質管理が甘い証拠」と批判べきなのか・・・。ビミョーなところだ。

 

一応知っておきましょうよ

それはそれとして、2月18日現在、グーグルのニュース検索をすると、リコール専門関連のサイトの記事が2件でるだけで、新聞社の報道は一件も表示されない。

全然知られないままスルーされるのもどうかと思ったので、このブログで紹介しておく次第。

こういうのは、世間に認知されてこそ、企業の改善が進むものだと思う。

以前、このブログで胃薬「ガストール」も、モノによって成分量の違いがあるかもしれないと書いた。こっちは大丈夫だろうか?

胃薬「ガストール」にまつわる気になるデータ - ドラッグストアとジャーナリズム