お知らせ

今日はブログ休みますが、明日は花粉症薬のアレグラについて書きます。市販薬を買った方がいいのか、病院にかかったほうがいいのか。

ところで、僕は小学生のころから花粉症でして、シーズン中は花粉症薬を毎日飲んでいます。だから、いままですべての花粉症患者は、「シーズン中は一日たりとも薬を欠かせない」ものだと思っていました。でも、そうじゃない人もたくさんいるんですね。僕って花粉症の中でも、どっちかっていうと、悪い方だったんですね。しらなかったですよ。

花粉症といえば、語らずにはいられないのが1970年代の映画「同棲時代」でしょうか。この作品のなかで、ある女性が、

「私、結婚できない体なんです」

というんですね。その理由が花粉症という不治の病に侵されているからという・・・。僕は作品は見ていないですが、テレビで紹介されてた記憶があります。

そんな、時代もあったねと、いつか笑える日がくるわ。中島みゆきの歌がしみる今日この頃です。クシュン!!

参考:http://www.jtnews.jp/cgi-bin/rv_19347.html