お知らせ

今日はブログを休みます。

さて、先日書いたアレグラの値段の記事について、薬剤師のkittenさんから次のコメントをいただきました。

「ご紹介されているブログの内容は、アレグラFX発売当初のものですね。 今ではアレグラにジェネリック医薬品が発売された上に、薬価改定で値段が下がってますので、病院に受診する方が確実に安くなるでしょう」と。

僕が紹介したブログは、数年前に書かれたものなので、内容が古いということです。

どう古いのか。いまとは違う点が2つあります。

1つめ。そもそものハナシになりますが、病院で出される薬の値段は国によって決められていて、さらに定期的に見直されることで値段は変わります。僕が知る限り、発売から時間が経つほど値は下げられていきます。

医療用のアレグラの場合を見ると、市販のアレグラが発売した2012年は1錠75.6円だったようですが、いまは71.9円と3.7円分だけ安くなりました。そのため、市販で買った場合と病院で処方された場合の価格差が少し開いたといえます。ほんの少しね。

2つめ。近年、同じ成分で安い「ジェネリック医薬品」が登場しました。市販のアレグラが発売した当時は、医療用のアレグラにジェネリック医薬品はありませんでしが、いまはアレグラのジェネリック品がたくさん発売されていて、だいたい1錠40円ほどの値段になっています。

ようするに、市販のアレグラが発売した当初は、2週間分だと受診も市販もあまりコストがかわらなかったのですが、いまは明らかに受診した方が安くなりますね、というのがkittenさんのコメントです。ありがとうございます。

というわけで、ブログにちょっと加筆しました↓。