読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な「ムヒ」とエクセレントな「ムヒ」がある。虫刺されをすぐ治したいならステロイドタイプ

皮膚疾患・肌ケアの薬

f:id:kuriedits:20141115203556j:plain 

ポイントはステロイドの有無

虫刺されを治す塗り薬は、大きく2つに分けられると思う。ステロイドを含むものと、含まないものだ。

とりあえず、次のようなざっくりとした理解から始めるといいと思う。

ステロイドが入っていない薬→「痒みを抑える薬」

ステロイドが入っている薬→「腫れを抑えて痒みも抑える薬」

まあ、実際はこんなにパッキリと区別できないけど、当たらずとも遠からずな解釈ってことで。

 

フツーのムヒと、スーパーなムヒがある

具体的にムヒシリーズを見てみる。以下のように、ムヒシリーズにはステロイドを含むものと、そうでないものがある。赤字が成分の違い。

昔からあるフツーの安い「ムヒS」

成分:グリチルリチン(炎症を抑えて痒み緩和)ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分。痒み緩和)、l-メントール(清涼感与えて痒み緩和)、dl-カンフル(清涼感与えて痒み緩和)、イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

ステロイドの入った高額な「ムヒアルファEX」

成分:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(ステロイド成分。炎症を抑えて痒み緩和)、クロタミトン(熱感刺激を与えて痒み緩和)ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分。痒み緩和)、l-メントール(清涼感与えて痒み緩和)、dl-カンフル(清涼感与えて痒み緩和)、イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

 

ステロイド入りでも、ビミョーに異なる成分

痒みや赤みを早く治したい方は、ステロイドが入ったものがお勧めだと思う。ステロイドが入った虫刺され薬は数多くある。薬に含まれるステロイド以外の成分を細かく比較していくと、多少の優劣がつくけど、これはかなりめんどい作業なので、時間がない人は店員に聞くことをお勧めしたい。

ステロイドを使うことに抵抗がある人も、店員に相談してみるといい。ステロイドで副作用が問題となるのは、「長期使用」「飲み薬」のケースだ。虫刺されのような塗り薬で、短期間だけ使う場合には、まず心配はしなくていいと考えられている。この説明に安心できない人は、店員に質問すればいいと思う。

また、ときどき「売上No1です」などと記載されている商品をみる。これはその店舗の推奨品であるため売上No1になっている可能性があるので、ご注意されたし。店員には、率直に「一番効くくすりはどれですか?」と聞くのがいいだろう。 

ちなみに昔からある「キンカン」は、ステロイドが入っていない。