お知らせ

今日はブログを休みます。きのう、消費者庁から、市販薬の副作用の被害状況について発表がありました。過去5年間で、市販薬の副作用と疑われる症例は1225件あり、うち15件で死亡、15件で後遺症が残ったそうです。

消費者庁の発表はこちら→http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150408kouhyou_1.pdf

一般紙の記事はこちら↓

市販薬の安全性って、あまり語られてこなかったのはたしかだと思います。でも実はこの”安全性”のために、一般の人が知らない所で、一般の人にとって重要なことが決められているのが、いまの日本の行政です。あしたはそんな市販薬の安全性について、ロキソニンを例に挙げて書きたいと思います。