読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

咳をしずめるデキストロメトルファンの喉飴は超苦かった

喉・声 海外情報

f:id:kuriedits:20150411100413j:plain

商品名:strepsils Dry cough

基本スペック

成分:デキストロメトルファン臭化水素dextromethorphan HBr

効能:咳を鎮める

用法:4時間おきに1個なめる。6歳~12歳は4時間おき、もしくは医師の指示に従う。

販売:Reckitt Benckiser(本社:イギリス)

注意点:喘息、肝障害の人は注意して使用(※1)。モノアミン阻害薬(うつ病など神経症状の薬)を服用している人は使えない(※2)。

メモ

・デキストロメトルファンは日本の市販薬でも使われている咳止め成分。有効成分の用量は日本の咳止め飲み薬より少ない(※3)ので、「海外の薬だから効き目が強すぎるんじゃないの?」と心配する必要はない。

・デキストロメトルファンはもともと苦い(※4)。実際、こののど飴も劇苦い。小さな子供には不向きな印象。

・ちなみに、日本では咳止めの「飴」の成分は、咳中枢に作用するデキストロメトルファンではなく、交感神経を刺激して気管支を拡張させるメチルエフェドリンであることが一般的(※5)。「ベンザブロック トローチ」はデキストロメトルファンを使ったトローチで抹茶の味付け。

・海外滞在中に、咳がでて困るなあという時にとりあえず試してみるのはアリ。もちろん、休養することが大前提ではある。排ガスなどの大気汚染が原因の場合は、この薬よりもマスクなどを着用することをお勧めしたい。この薬は対処療法なので、原因不明の咳が続くようなら受診するのがいいと個人的には思う。

・公式HPはコチラ→Strepsils - Sore Throat Remedies

 

※1ぜんそく症状の悪化や、薬の副作用が出やすくなる、などの可能性が高まるためと思われる。

※2血中セロトニン濃度が高くなり、痙攣・異常高熱などのセロトニン症状が表れる可能性があるためと思われる。参考はメジコン錠15mg/メジコン散10%

※3本剤は、1錠につきデキストロメトルファン臭化水素5mg。たとえば、日本の代表的な咳止め液「エスエスブロン液L」は、成人の場合で1回量がデキストロメトルファン臭化水素水和物10mg。ブロンが水和物であることを考慮しても、日本の方が用量は多いと考えられる。

※4本成分は気道の苦味受容体を刺激するので、苦味を抑える薬が研究されているようだ。参考としてhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25340739や、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21134862

また、苦いためか、デキストロメトルファンを使った「ベンザブロックトローチ」は抹茶味で矯味(きょうみ:苦味を紛らわすこと)されている。

※「ルルメディカルドロップ」や「浅田飴せきどめドロップ」など。これらは殺菌成分なども含んでいる。