読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中で飲めるリポビタンD。栄養成分量はちょっと違う

ビタミン剤・ドリンク剤 海外情報

f:id:kuriedits:20150411092556j:plain

リポビタンD大正製薬

飲んでみて、味は同じと感じた。用量は1本150mLと、日本製品(100mL)もちょっと多い。含まれる成分の種類は日本と同じだけど、どういうわけか成分量は日本より少ない。たとえばビタミンB2日本製品は5mg配合、フィリピン製品は1.7mg配合といったかんじ。なぜかしら?

リポビタンDのフィリピンでの発売は1973年。なんと40年近くも前からあるというから驚き。現地の評判はどうなのか。僕に限って言えば、街中で見ることは少なく、大きなショッピングモールでのみ見かけた。

大正製薬のウェブサイト曰く、

「ドリンクと比べると多少割高なので、フィリピンの人々にとってはあこがれの商品です。」

って、それ自分で言っちゃダメでしょ。

リポビタンは世界15か国で売られている。