お知らせ

今日はブログを休みますが、薬剤師さんが書いたこんな記事を見つけました。

「風邪薬と栄養ドリンクの「同時飲み」は危険!」

風邪薬は肝臓に負担をかけて、さらに栄養ドリンクに含まれるアルコールも肝臓に負担をかけるので、「危険」ということのようです。

理屈としては正しいと思います。肝臓が弱いんだよね~という人は、両方を一緒に飲むことを避けてもいいと思います。でも、そんなに気にするほどのことかな?という気もします。理屈はそうだけど、実質的には無害では・・・という疑問です。

申し訳ないですがぼくは勉強不足なので、ほんとのところどうなのかわかりません。栄養ドリンクに含まれるアルコール量がどれくらいで、実際肝臓に対してどのくらいリスクがあるのか、もっと具体的なデータも一緒に記事に記してくれていたら、あるいは参考文献を記していてくれたらいいのになと思います。リスクをはかるときに時に欠かせないのは「量」の概念です。そこに触れていないこの記事は、同業者の薬剤師さんが見たらツッコミが入りそうな記事だと個人的には思いました。もしデータがないのなら、「データはないのですが」と、書いてくれればいいのに、とも思います。事実(fact)なのか、意見(opinion)なのか、僕はよく外国人に指摘されるのですけど、日本人が書く文章はここらへんがいつもあいまいだなあと、自戒を込めて思ったりします。

あ、あしたは海外のかぜ薬(総合感冒薬)について書きます。