「ルルアタックEX」VS「パブロンエースAX」、ビタミン補給で攻めたいならパブロンの勝ち

f:id:kuriedits:20150505231505j:plain

「ルルアタックEX」と「パブロンAX」のちがい

たくさん種類がある風邪薬。どれが効くのか?どれも一緒なんじゃないの?はっきりさせようじゃないか。風邪薬の代表格「ルル」「パブロン」のうち、シリーズ中最強の「ルルアタックEX」と「パブロンエースAX」の成分表を比べてみた。

 

症状別に見た有効成分(赤字が両剤の違い) ※成分量は一日量換算

ルルアタックEX(ルルシリーズ中最強の一つ)

頭痛い・・・ イブプロフェン450mg
喉痛い・・・イブプロフェン450mg、トラネキサム酸750mg
鼻つらい・・・クレマスチンフマル酸1.34mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、dl-メチルエフェドリン60mg、ブロムヘキシン12mg

その他の要素・・・ビタミンB1 25mg、ビタミンB2 12mg

 

パブロンエースAX

頭痛い・・・イブプロフェン450㎎、無水カフェイン75mg
喉痛い・・・イブプロフェン450㎎
鼻つらい・・・ クロルフェニラミン7.5mg
咳(痰)つらい・・・ジヒドロコデイン24mg、dl-メチルエフェドリン60mg、アンブロキソール45mg
その他の要素・・・ビタミンB124mg、 ビタミンB2 12mg、ビタミンC 500㎎

 

ビタミンCを摂りたいならパブロン、喉の痛みならルル

ここから次のように考えた。

●頭痛を少しでも緩和したいなら「パブロンエースAX」

●喉が痛いなら「ルルアタックEX」

●ビタミンを補給したいなら「パブロンエースAX」

 

ルルアタックEXは、パッケージに記載されたとおり、喉の痛みに優れた薬。咳や鼻に関しては甲乙つけがたしの印象。

パブロンエースAXの特徴はビタミンCが入っていること。ビタミンCを摂ると何となく風邪の治りが早い気がする・・・という人は、これに科学的根拠があるかどうかは別として、パブロンエースAXを選ぶといい思う。あとパブロンエースにはカフェインが入っているので、短時間だけちょっと頭がスッキリするかもしれない。

あとは店頭で両者の値段を比較したうえで決めるのがいいと思う。これらは成分表から見たもので、実際の効果の差を保証しない。眠気の出やすさなどは両剤で異なるかもしれないので(※)、自分にとって最良の薬を選ぶには、薬剤師か登録販売者に相談することをお勧めする。

 

※「今日の治療薬2015」では、クロルフェニラミンのほうがクレマスチンよりも眠気が出にくいという記載だが、これは正確にはd-クロルフェニラミンを指すものと思われる。d-クロルフェニラミンはクロルフェニラミンよりも眠気がでにくいと考えられている。個人的にはクレマスチンよりクロルフェニラミンの方が眠気が出にくいと思うが、これは個人的な推測。