もし日本の薬について世界中の人たちと語り合えたら・・・

f:id:kuriedits:20150528193030p:plain

ドラッグストアに関する質問コーナー

なんでも、はてなブログには「今週のお題」なるものがあって、一つのテーマをみんなで書いて楽しむそうです。

で、今週のお題「私がアツくなる瞬間」

ちょうど、先日、アツくなったことがあるので紹介します。

先々週に、ドラッグストアに関する質問を集めますと告知しました。質問を送ってくださった方々、ご協力ありがとうございます。いただいた質問は以下の通りです。

①ドラッグストアで鬱の薬があるのを見かけた。どの程度の症状に効くの?

②薬局って、いくつくらいの薬を持っているんですか?

③ドラッグストアのお菓子はなぜ激安なの?

④外国人の買占めに対して、購入制限を決めているのは誰ですか?

⑤ドラッグストアで安く売られているSKⅡなどの高級化粧品は、デパートのものと同じですか?

 

市販薬にもグローバル化の波か

この質問コーナー、気楽な気持ちで始めてみたけど、やってよかったですね。記事にコメントしていただいた方々に感謝します。勉強になりました。

さらにありがたいことに、今回質問をくださった「穂穂」さんが、ぼくが過去に中国語でアップしたエントリを、中国のブログ(微博/ウェイボー)に転載してくれました。ちなみにこれはちゃんとぼくが転載を認めたものであって、ふつうは勝手に転載することは認めてません。誤解なきよう・・・。

転載先はコチラ↓

http://www.weibo.com/p/1001603845972584178017

元記事はコチラ↓

 

中国人女性「知り合いの薬剤師から聞いたんだけど・・・」

転載先のページには、中国の方からコメントが寄せられています。そのうちの一つに、次のようなものがありました。ある女性の、目薬「サンテFX」に関するコメントです。

「以前认识一个要妆店药剂师,眼药水他们就告诉过我虽然fx的银色眼药水卖的很好,但是清凉程度太高,对眼睛其实不是很好。」

(訳:以前、知り合いの薬剤師から聞いたんだけど、FXの銀色のやつはよく売れるけど、清涼感が高すぎて、実は目にあまりよくないって※1)

あはは。そういう意見も聞きますね。

ぼくはこのコメントを見て、ワクワクしました。こんなふうに、日本の市販薬を、世界中の人たちと気軽に語り合えたら・・・どうでしょう?これって、これからの日本のタメになる思いませんか?

 

インバウンドの時代とはいうけれど・・・

ビジネスマンの多くが、多かれ少なかれ”外国・海外”という言葉を意識して仕事をしていると思います。過去20年を振り返れば、日本に入国する外国人の数と(※2)、日本に在留する外国人の数は増加傾向(※3)。世間ではインバウンド消費(外国人が日本に来て消費すること)が頻繁に語られていて、今後も国内の外国人の数は増える可能性は高いと思われます。

せっかく、日本に来てもらったのだから、心地よく日本のサービスや商品を楽しんでほしい。本当に役立つ商品を買ってほしい。これは日本で商売する誰もが(個人さはあれど)望むことだと思います。

でも、いまの日本はどうでしょうか?

 

海外のお客さんは、きっと心細い

ぼくは、あるドラッグストアでアルバイトをしているとき、何人かの外国人の固定客を持っていました。ドラッグストアで英語が話せる薬剤師はあまりいないので、彼らはよく、ぼくに声をかけてくれました。

国が違えば、薬の成分は種類も量も違います。彼らはドラッグストアで見慣れない薬の棚を前に、すごく心細く不安に感じていたにちがいありません。たぶん、多少言葉が通じるという理由だけで、ぼくを頼ってくれたのだと思います。

いろいろな外国人のお客さんと接しましたけど、ほとんどすべての人が、こちらが英語を話せるとわかると、たいへん喜んでくれました(どの程度ご期待に沿えたかは自信ありませんが・・・)。こんなぼくでもお役に立てて、嬉しかったです。

免税店のドラッグストアでは、外国語を話せるスタッフを配置しているところがあります。でもそれは、ごく一部の店舗だけです。一般的に見れば、海外の人が日本のドラッグストアで薬を買おうとしても、店頭で相談できる人がいなくて、薬選びにとても苦労する。これが現状ではないか、というのがぼくの実感です。

 

ぼくが逆の立場なら、少しでも情報がほしい

ちょっと体調を崩した。病院に行くほどではない。市販薬に頼りたい。そんなとき、ネット上に同じ国の人が書いた市販薬の情報があったらどうでしょうか。役に立つんじゃないでしょうか。ネットの怪しい情報に頼るのは危険だという意見もあるかもしれませんけど、ぼくが同じ立場に置かれたら、ネット上でわずかでも情報が得られたらとてもありがたいと思います。

薬を売る側としても、市販薬を買った外国の人の反応は興味があります。日本の薬についてどんな疑問を持っているのか、どんな感想を抱くのか。

また、一般の日本人にとっても、外国人のコメントを通じて、海外の意外な情報を得られることもあるかもしれません。

海外の人も気軽に日本の市販薬について語れるサイト――。そんなサイトがもしあったら、日本人にも外国人にも役立つ気がします。

そんなメディアを作りたいなあ・・・なんてあれこれ妄想を膨らませて、アツくなってしまいました。この暑い5月に。

 

 

※1 この和訳は穂穂さんにしていただいた

※2 入国管理統計をうまくまとめてくださったこちらのサイトを参考にさせていただいたhttp://blogos.com/article/83990/

 ※3 法務省の好評物でさっとわかるものは10年前までしか追っていなかったので、遡って統計をまとめているこちらのサイトを参考にさせていただいた。

http://wag-study-abroad.com/wordpress/blog/2012/06/14/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%81%AE%E5%9C%A8%E7%95%99%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB%EF%BC%88%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E3%83%BB%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F/