お知らせ

今日はブログを休みます。去年から一部の地域で発売した「セレキノンS」(成分:トリメブチンマレイン酸塩)という、過敏性腸症候群の市販薬が、今月3日より全国でも発売になりました。お腹を壊しやすい人って多いですよね。過敏性腸症候群の国際診断基準は、ぼくの感覚ではかなり緩いので、この病気に当てはまる人は多いと思います。実際、以下のリリースによると、日本では成人10~15%がこの病気とか。

まあ、この%はあまり気にしなくていいと思います。もしお腹のトラブルでお悩みの方は、薬局やドラッグストアで薬剤師に相談してみてはどうでしょう。

ちなみに、日本で(おそらく)一番有名な過敏性腸症候群の専門医は、東北大学の福土審さんというお医者さんです。

拠点メンバー 福土 審(心身医学) | 東北大脳科学グローバルCOE 脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点