首周りのプツプツがみっともない!「酸化亜鉛」の有無で選ぶあせもの薬

f:id:kuriedits:20150919190324p:plain

市販薬で治す大人のあせも

なにやら、首の周りに赤いプツプツができて、かゆい、みっともない。

いわゆる「あせも」に、悩まされることはないか。

市販のあせも治療薬にはいくつか種類がある。

 

皮膚病かと思って受診したら・・・

ぼくは、社会人になってから首回りにあせもができるようになった。あせもなんて子供と思っていたし、汗はかかない体質だから、はじめプツプツができたときは、あせもだなんて想像もしなかった。

そのうち消えるだろうと放っておいた。でも、なかなか治らない。かいてしまって、むしろ悪化し始めた。親から「皮膚病じゃないか、皮膚科に一度みてもらったら」と脅され、ちょっとドキドキしながら皮膚科を受診した。

診察した医師は言った。

「じゃ、かゆみ止めとか、薬だしておきます」

ものの数十秒で診察は終わってしまった。肩透かしをくらったぼくが、

「先生!原因はなんでしょうか」

と迫ると、医師は一言、

「え、清潔にしておけばいいんですよ」

それが「あせも」であることに気づくのには、それからしばらく時間がかかった。

 

大人のあせも、男性は首回り、女性は胸やわきの下

あせもは、大人にも表れる症状だ。汗が原因で皮膚に炎症が起きる。男性はシャツの襟がかかる首回りに、女性は下着が密着する胸の下やわきの下に、あせもが多いとされる(※1)。

市販薬を選ぶときのポイントは、まず最初にステロイドの有無。炎症を抑える力の強いステロイド剤(+抗生剤)は効果が高い。ただ、普通のあせもなら、ステロイドを使わずに治す。

実際、「ユースキン あせもクリーム」「アセモア」など、名前からあせも治療薬とわかる商品にはステロイドが入っていない。パッケージからあせも治療薬だとわかる薬は、まずステロイドは含んでいないと考えていい。

 

あせもの治療薬は「3成分+α」で考える

市販のあせも治療薬は、基本的に次の3成分を合わせてできている。

・かゆみを抑える成分・・・ジフェンヒドラミン、クロタミトンなど

・炎症(赤み)を抑える成分・・・グリチルレチンなど

・殺菌成分・・・イソプロピルメチルフェノールなど

正確にはこの他にビタミンやアラントインなどの皮膚修復成分を含むもの、桃の葉を使ったものもあるのだけど、ざっくり言えば、あせも治療薬は上記3成分を混ぜ合わせたものと考えていい。商品によって、この3つの成分や量が微妙に異なる。

そして、あせも治療薬の商品を比べた時に、上記の3成分以外に「酸化亜鉛」が入っているかどうかが、大きな違いになってくる。

 

患部を乾燥してくれる「酸化亜鉛

酸化亜鉛とは、亜鉛を酸化させたもので、水分を吸収して患部を乾燥させる働きがある(消炎作用など色々な作用があるけど省略)。医療用では、「亜鉛華軟膏」「亜鉛華単軟膏」「サトウザルベ」といった名前で、昔から皮膚科でよく処方されている。

亜鉛華軟膏は酸化亜鉛が20%、亜鉛華単軟膏は酸化亜鉛が10%で、それぞれ添加物もちょっとちがう(サトウザルベは20%も10%も両方ある)。酸化亜鉛の濃度が高い方が吸湿性に優れているので、ジュクジュクしているときは前者を、長期間使用して皮膚の乾燥が強まりすぎるのを避けるには後者を使う、と製造メーカーは説明している(※2)。

 

酸化亜鉛の欠点は白いこと

市販薬のうち、酸化亜鉛を使っているものをみると、たとえば「タクトホワイトL」で12.5%、「ユースキンあせもパウダークリーム」で5%と、商品によって異なる。

あせもの予防は第一に汗をかかないことなので、吸湿性のある酸化亜鉛は、あせも治療にピッタリの成分だと考えられる。

ただし、そんな酸化亜鉛にも大きな欠点がある。酸化亜鉛は白いので、塗ると肌に白色がついてしまうのだ。外見に触れる場所に使うには、いかにも都合がわるい。そこで、酸化亜鉛を使わないあせも治療薬も販売されている。そのような商品は、酸化亜鉛の代わりに組織を修復させるビタミンなどの成分を入れていることが多い。

 

酸化亜鉛入りにすべきか?迷ったら相談を

まとめると、あせも治療薬の多くは次のようにできている(もちろん全部じゃない)。

<かゆみを抑える成分>+<炎症を抑える成分>+<殺菌成分>+<酸化亜鉛もしくはビタミン等>

酸化亜鉛は、薬を選ぶ際の判断基準の1つになると思う。酸化亜鉛が入っているものといないもので、どれほど効果が違うのか、僕は比較したことがないのでわからないけど、ドラッグストアの店員の中には詳しい人もいるだろう。

酸化亜鉛入りにするべきかどうか、迷った時はとりあえず薬剤師・登録販売者に相談してみたらいいと思う。

 

 

※1猛暑で増加!? 大人のあせも・汗によるかぶれ|教えて薬剤師さん|ヒフノコトサイト|田辺三菱製薬

※2

亜鉛華軟膏「ニッコー」(よくある質問) | MARUISHI 医療関係者情報サイトあるいは

亜鉛華(10%)単軟膏「ヨシダ」|よくある質問|製剤一覧|吉田製薬:製品情報