読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腹痛・吐き気もある風邪症状。ふつうの風邪薬よりも漢方薬を試しては?

f:id:kuriedits:20151010094414p:plain

嘔吐や腹痛の風邪にはふつうの風邪薬ではなく・・・

風邪っぽくて吐き気や腹痛がある。そんな症状に効く薬は?

市販の風邪薬には、熱・鼻・咳に効くけど、嘔吐・腹痛については何も書かれていない。じゃあ、どんな薬がいいの?

そんなときに使えるのが「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」という漢方薬

複数の製薬メーカーから発売されている。たとえばツムラの商品には効能の欄には、

「体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・はきけなどのあるものの次の諸症: 胃腸炎、かぜの中期から後期の症状」

ドンピシャじゃないですか。 

【第2類医薬品】ツムラ漢方柴胡桂枝湯エキス顆粒A 24包

【第2類医薬品】ツムラ漢方柴胡桂枝湯エキス顆粒A 24包

 

 

 鎮痛・鎮吐・滋養強壮の柴胡桂枝湯

どんな薬なのか、柴胡桂枝湯

柴胡桂枝湯は9種類の生薬からなる漢方薬だ。その中身は次のとおり。

サイコ/ハンゲ/オウゴン/カンゾウ/タイソウ/ニンジン/ショウキョウ/ケイヒ/シャクヤク

ワケワカメな呪文のように見えるが、タイソウ(大棗)はナツメの果実、ショウキョウはショウガの根茎のことで、意外と身近な成分も入っている。

薬学的にみると、鎮痛・消炎作用のあるサイコなどを基本にして、吐き気を抑えるハンゲや、強壮作用のあるタイソウやニンジンが加えられている処方だ。

だから、風邪気味の腹痛や吐き気に適した漢方薬だといえる。

 

柴胡桂枝湯小柴胡湯+鎮痛成分

柴胡桂枝湯とセットで憶えておきたい(誰が?)漢方薬に「小柴胡湯」というよく似た名前の薬がある。

【第2類医薬品】ツムラ漢方小柴胡湯エキス顆粒 24包

【第2類医薬品】ツムラ漢方小柴胡湯エキス顆粒 24包

 

これは柴胡桂枝湯の9つの生薬のうち、7つを使った薬。風邪をこじらせたさいの微熱や食欲不振に使われる(※1)。風邪の予防に処方する医師もいる(あくまで医師の診断の下の話として※2)

小柴胡湯柴胡桂枝湯の関係は、こんな式で表すこともできる↓

柴胡桂枝湯=吐き気止め・体調回復効果のある「小柴胡湯」+鎮痛作用のある「ケイヒ(ケイシ)」「シャクヤク」

ただ、柴胡桂枝湯に含まれる7成分は小柴胡湯に含まれる量より少ないので、柴胡桂枝湯小柴胡湯よりも優れているということではない。より鎮痛に重きをおいたのが柴胡桂枝湯ということだ。

 

複数の生薬が欠点を補う

西洋薬では、一つの薬を使って、その副作用防止に他の薬を一緒に使うことがよくある。似たようなことが漢方薬にもいえる。

柴胡桂枝湯の場合、ハンゲはサイコによる副作用の悪心を抑える効果があり(※1)、ショウキョウにはハンゲのえぐみを抑える効果があるらしい(※2)。もちろん、ハンゲ自体に吐き気防止の効果があり、ショウキョウ(生姜)に体を温める効果がありそうだから、単純にマイナス面を補うために含まれているわけではないけれど、このように漢方薬は、成分のマイナス面を消すように混合されている。

なにがいいたいかというと、漢方薬に副作用の心配がないというわけじゃないってこと。漢方だから、生薬だから安心という事はぜんぜんない。

小柴胡湯と肝炎の薬(インターフェロン製剤)の併用は、重篤な肺炎(間質性肺炎)を引き起こすことがよく知られている。現在は併用が禁止されているが、かつては日本国内で死亡例がでている(※3)。

漢方薬だからと言って、あなどるなかれ。

 

町の漢方薬局に聞いてみて~

柴胡桂枝湯は、僕がもっている漢方の書籍には腹痛・吐き気のある風邪に使った処方例がなく、本当に効き目があるのかな~?と疑問もあった。

ただ、先日、まさに吐き気・腹痛のある風邪っぽい症状に襲われたので、初めて飲んでみたら、吐き気も腹痛もなくなった。本当にこの漢方薬のおかげかは不明だが、疑念は多少晴れた。

漢方薬はすごく奥が深い(らしい)ので、近所に漢方薬局がある人は、是非いろいろ質問してみてほしい。ここに書いたことは基本中の基本。もっと詳しいハナシが聞けるだろう。

 

 鎮痛薬は腹痛には使わない?

余談にちょっと専門的な話を。

素朴な疑問なのだけど、市販の風邪薬に入っている鎮痛成分は、腹痛に効かないのだろうか?

ぼくは薬学生時代に「鎮痛薬は内臓痛(腹痛とか)には使わない」と授業で習った。実際、ロキソニンなどの鎮痛薬には、腹痛の適用はない。ただ、実際は腹痛に対して鎮痛薬を処方する医師はいる(※4)。また、ケース・バイ・ケースではあろうが、鎮痛薬を与えても構わないのではないかという議論もある(※5)。これらは専門家の診断の上に成り立つ議論なので、消費者が自己判断で「市販の鎮痛薬も腹痛に効くんじゃね?」と考えることは全くお勧めしないし、ぼく自身は店頭で「腹痛には使わないでください。別の適切な薬があります」と教科書通りに伝えている。でも、この説明にそれほど自信があるわけではない。

なんでこんなこと思うかって、柴胡桂枝湯って値段が高いんですよ。風邪薬で腹痛がおさまるなら、そっちのほうリーズナブルにすむ。

風邪の腹痛に、市販の鎮痛成分は有効か?詳しい人がいたら教えてください。

 

  

※1「漢方診療ハンドブック」

※2「フローチャート漢方薬治療2」

※3http://www.tsumura.co.jp/password/m_square/products/anzen/158.htm

※4たとえば、広島医師会のウェブサイトにもある。

腹痛-おなかが痛いとき-(11.腹痛の治療):救急小冊子

※5これとか。腹痛患者さんに対して痛み止めをする事に問題があるか?:救急科専門医の独り言:So-netブログ