お知らせ

以前紹介した、市販薬の広告を識者が審査する「広告審査会」が、別組織に移管していました。最新のレポートを見ると、何回も「不適正」と判断されたCMがあると参加者が嘆いています。そうなるとこの何の権限もない審査会が、時間と労を費やして、一体何のために議論をしているのだろうという気がします。やってるほうも、案外、空しさを感じてるんじゃないでしょうか。

広告審査会の面々には何の義理もありませんけど、やっていることの重要性は理解しているつもりなので、せめてぼくのブログでは、みなさんに紹介していこうと思います。コチラです↓頑張れ広告審査会ヾ(^▽^)ノ

www.jfsmi.jp

 以前紹介したブログ記事はコチラ↓

drugstore.hatenablog.com