読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イビキだか寝息だかを抑える珍商品「イビキスト」って何者?

f:id:kuriedits:20151120221406p:plain

「イビキスト」の正体は「ネイキスト」?

「イビキをなくすやつって、ありますか?」

どういうわけか、最近お客からよく聞かれる。新商品がテレビCMでやっているせいだろうか。

今年9月に「イビキスト」という珍商品が発売された。ぼくのお店でかなり売れている。

名前から連想するにイビキを改善するのかと思いきや、メーカーのウェブサイトには「イビキ」とは一言も書いておらず、どういうわけか「寝息」という表現で統一している。ホントかどうかは知らないが、30ホン以上で「イビキ」、それ未満は「寝息」に区別されるという話がある(※1)ことが関係しているのかもしれない。じゃあ、「ネイキスト」にしたらいいのにね。

 

イビキストは「栄養機能食品」

それはともかく、どんな商品なのか。イビキストはスプレータイプの商品で、口の奥の方に一日数回吹きかけるらしい。

どんなふうに効くのか。パッケージ裏には、

「栄養機能食品(ビタミンE) ビタミンは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です」

と能書きがある。

え、イビキのイの字もないんですけど。イビキ関係なさそうなんですけど。大丈夫?

オモテ面にはスウェーデン生まれ 寝る前の新エチケット」のキャッチ。

一体、スウェーデンがどうしたというのか。イビキストを詳しく知るために、グーグル航空機に乗り現地へ飛んだ(検索してみた)。

 

元祖イビキスト「ノゾベント」

イビキストには「輸出者:Pharmacure Health Care International AB」と書かれている。どうやら、この会社が商品の元ネタのようだ。社名でググると、会社のウェブサイトが出てきた。

鼻に関連する商品を販売している会社らしい。

商品紹介のページを確認すると、「ノゾベント・アンチ・スノーリング・スプレー」という名のイビキ防止商品があった。長いので以下、ノゾベント・スプレーとする。

おそらくこれが、元祖・イビキストなのだろう。日本のイビキストとは比較にならないほどダサいデザインだけども。

 

ポイントは「3つの植物油で喉を湿らせる」

どんな商品か。ウェブで公開されている商品説明書がこれだ。

http://clients2.kaigan.se/pharmacure/0a09c8844ba8f0936c20bd791130d6b6.pdf

説明書によると、スウェーデンでは20~30%の人がいびきをかいていて、50歳を超えるとこの数字はもっと高くなる。いびきの音は、大型バイクが走り出す時と同程度で約80デシベルもある。いきびは睡眠時無呼吸を引き起こし、その場合は病院に係る必要がある。軽度であれば、ノゾベント・スプレー、もしくはノゾベント・ストリップとの併用で治すことができる。らしい。

イゾベントの効果は、説明書を要約すると次の通りだ。

・ノゾベント・スプレーは、口蓋(口の中の上の部分)の後方や、咽頭の上部を湿らせる。粘膜の水分量が増すと、弾力性が改善される。そして、いびきの原因となる振動が減るため、ぐっすり寝ることができる。

・ノゾベント・スプレーは、3つの植物油からなる。オリーブオイル、ヒマワリオイル、そしてペパーミントオイルである。ペパーミントオイルはさわやかな香りを持つ。 これとは別に、ビタミンEとB6も含んでいる。ビタミンEは、体の細胞や炎症物質に関与するフリーラジカルを防ぐ。ビタミンB6は結合組織の形成や、細胞のダメージの修復などに必要な成分である。

 

アバウト・コムの専門家「治るかって?イビキの原因による」

どうやら、この商品のポイントは、ビタミンEよりも3つの植物油の印象を受ける。油で口から喉にかけての粘膜を滑らかにして、イビキの音をださないようにするらしい。

一般の商品説明書なのに、わざわざ臨床研究も一緒に紹介している。

植物油でイビキを治すことは、海外では一定の認知度があるようだ。グーグルで「snoring vegetable oil」(snoring=イビキ)と検索すると、「about.com」で専門家が答えている記事があった(ちなみに日本の「オールアバウト」は、この米国サイトの会社が資本参加して「リクルート・アバウトドットコム・ジャパン」としてスタートしたものです※2)。

睡眠が専門の医学博士が、

「オリーブオイルがイビキを治すか?イビキの原因によりますよ。オイルで喉の空気が通りやすくなれば、イビキがマシになるでしょうね」

みたいな感じで答えている。

 

 イビキストは海外の民間療法の導入品

イビキストとは一言で説明すると、

「海外の民間療法商品です」

といったところだろう。実際、グーグル検索では「home remedy」という言葉を用いて説明するサイトが多々あった。

価格は税込1620円で決して安くはない。たかだか植物油を使った民間療法のわりに高い気もするし、民間療法だからこそこの価格だという気もする。

さて、先日購入して使ってみた。日を改めて感想を書きたい。

 

 ※1Vol.10 30ホン以上がいびき。それ以下は寝息。|記事詳細|健康常備学|大日本住友製薬

※2オールアバウトグループのコーポレートサイト – 沿革