読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整腸薬「ザ・ガード」より安いソックリさん「ザ ブロック」とその仲間たち

f:id:kuriedits:20151226173259p:plain

「ガード」するの?「ブロック」するの?

腸を整える「ザ・ガード」という薬がある。いっとき、テレビCMも流れていた。

「ザ・ガード」は、胃と腸の両方に効く薬だ。腸内環境を整える乳酸菌・納豆菌のほかに、胃酸を中和する炭酸マグネシウムなどが含まれている。軟便、便秘、消化不良などに使う。

【第3類医薬品】ザ・ガードコーワ整腸錠PC 560錠

【第3類医薬品】ザ・ガードコーワ整腸錠PC 560錠

 

 これとほとんど同じ成分で、「ザ ブロック」という薬がある(正式名はEXがつく)。

【第3類医薬品】ザ・ブロックEX 270錠

【第3類医薬品】ザ・ブロックEX 270錠

 

 パッケージの色味、商品名の書体はもちろん、名前からしてクリソツ。「ガード」と「ブロック」、わざとしか思えないネーミングである(ちなみにブロックのほうには「・」がつかない)。

 

「ザ・ガード」と「ザ ブロック」のちがい

「ザ・ガード」は日東薬品工業という会社が製造して、興和という有名な大会社が発売している。テレビCMが流れているのは、たぶん発売元が興和だからだ。

一方の「ザ ブロック」は米田薬品工業という、一般には知られていない会社が製造・発売している。

成分は少しずつちがう。

納豆菌の量が、ガードは10mg(納豆菌末として)、ブロックは120mg。乳酸菌は30mg、100mg。ブロックの方が含有量が多い。ただし、納豆菌も乳酸菌もたくさんの種類があるので、含有量だけで優劣の単純比較はできない。

ガードに特徴的な成分としては、善玉菌の増殖を促すパントテン酸カルシウムがある。

ブロックの特徴的な成分は、消化酵素のビオヂアスターゼである。

全体としてみると、なんとなく「ザ ブロック」のほうが充実している印象だが、気になる人は店頭で薬剤師か登録販売者に質問することをお勧めする。

 

 「ナチュラーゼ」も「コンクナットミン」も全く同じ薬

「ザ ブロック」を発売している米田薬品工業は、一般にはほとんど無名の会社だけど、多くのドラッグストアがお世話になっている、市販薬業界ではよく知られた存在だ。「ザ ブロック」は、名前と姿を変えて色々なドラッグストアで売られている。

その一つが「ナチュラーゼLX」。名前こそちがうが、成分は全く同じで、製造元は米田薬品工業。

【第3類医薬品】ナチュラーゼLX錠 360錠

【第3類医薬品】ナチュラーゼLX錠 360錠

 

 

また、ツルハドラッグプライベートブランド「コンクナットミン」も、じつは米田薬品工業が作っていて、中身は「ザ ブロック」と同じである。

M's one | エムズワン【商品情報】

こんなふうに、中身の変わらない薬が、他店でも名前を変えて売られていることを、どれだけのお客が知っているだろうか。

「いわゆるOEM(original equipment manufacture)でしょ。よくあることじゃん」と思われるかたもいるだろうが、そんなに簡単に納得していいのだろうか。OEMは効率的な経営に貢献する立派な手法だが、なぜ、わざわざ製品名を変えて自社のオリジナルを装うのか。消費者に訴求するならデザインだけ変えればいい。名前を変える必要はない。消費者のこと、ちゃんと考えてる?

「ザ ブロック」は値段が安い

「 ザ・ガード」と「ザ ブロック」(ナチュラーゼ、コンクナットミン)の一番の違いは、その価格差だ。後者の方が安い。

近所のドラッグストアでは、

ザ・ガード:2859円(40日分) 1日あたり71円

ザ ブロック:2036円(30日分) 1日あたり68円

で売られていた。

ザ・ガードを購入している人は、一度、「ザ ブロック」を試してみてはどうだろうか。店頭で店員にご相談を。