読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業業績を押し上げる、プレミアムな薬たち

f:id:kuriedits:20160529105929p:plain

問題。頭痛薬のバファリンを売っている会社は、どこでしょう。

どっかの製薬メーカーでしょ、名前は知らんけど。なんて思うなかれ。

答え、ライオン。

そう、洗剤とか歯ブラシとか売っている、あのライオンである。ちょっと意外じゃないですか?

www.lion.co.jp

 

そのライオンの市販薬の業績が、好調だ。一つ1000円以上するバファリンプレミアムやスマイル40プレミアムといった、値段の高い、いわゆる"プレミアム商品"が売れているらしい。この5月の決算短信では、解熱鎮痛剤、点眼薬ともに前年同期の売上を大幅に上回った。

 

http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20160529_112638725_er40qxmvwi2zkm55s1roxvjm_0.pdf

 

昨年の週刊ダイヤモンド9月26日号でも、ライオンのプレミアム商品の好調を伝える記事があった。いままで右肩下がりだった市販薬部門が、プレミアム商品のお陰で大きく業績が上向いてるという。 

お客としては、だからなに?な話ではあるかもしれないが、いまやコンビニでも「セブンプレミアム」 などの高単価商品がたくさんあり、そうした現象は市販薬にも当てはまる。

問題は、薬と食べ物は同列には語れないことだろう。何が、どうプレミアムなのか。そもそも、プレミアムの名に値する薬なのか。薬剤師に聞いた上で、選び、その価値を判断することをお勧めする。