お知らせ

今日はブログを休みますが、インバウンドにブレーキがかかったことで、家電のラオックスの営業利益が9割減と急落しているという記事がありました。理由は、高額家電ではなく医薬品・化粧品などの商品に移行したため、という業界内のコメントが紹介されています。

医薬品に限っていえば、インバウンド消費は続いているようで、これはぼくの実感と一致します。

news.nifty.com

去年のいまごろは爆買いも好調だったので、前年同期比の業績9割減はやや仕方ないと思ったのですが、そういうわけでもなさそうです。なんと、記事によると、ラオックスは、昨年から今年にかけて17店舗も増やしたのです。これは見通しが甘かったと言わざるをえません。

ぼくが数週間前に日光に旅行した際、東照宮のそばに土産物があり、それがよく見るとラオックスだったのにはびっくりしました。店内には、ドラックストアで中国の人々に人気のある美容液などが置いてありました。今後はどうなるんでしょうね。

f:id:kuriedits:20160819214649j:plain