1000円以上の市販薬を確実に安く購入できる方法

f:id:kuriedits:20161014214229p:plain

あの有名薬が超安くなる!

あるんです、確かな方法が。

すばり、商品の入れ替え時期を狙う!

なんだそんなことかと思うなかれ。日用品ではよく見かけても(最近はコンビニのレジ横にも置いてますね)、医薬品にもそういう入れ替え品があるって意識している人は少ないんじゃないでしょうか。薬コーナーって、そんなに毎日見るものでもないしね。

 

サンテメディカルが狙い目!

いま価格が安くなってるのは「サンテメディカルシリーズ」。

参天製薬サンテメディカルシリーズ公式サイト

サンメディカルは、もともと1つ1000円以上する高額目薬だ。いままでは定価が1300円ほどだった。高っ!そう簡単に手が出せる価格じゃないだろう。

それがいま、なんと800円ほどで購入できる。商品がリニューアルしたのだ。リニューアル品は1600円ほどと、以前よりさらに高額。市販薬市場は、高額商品が活況であるといわれる。そこで、より高額な目薬が投入されたのかもしれない。

いずれにしろ、この新商品の投入で、従来品の値が崩れ始めた。

drugstore.hatenablog.com

 

購入するならお早めに!

アマゾンでは10月15日現在、次の価格になっている。

サンテメディカル10⇒807円

【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

【第2類医薬品】サンテメディカル10 12mL

 

 サンテメディカルG⇒795円

【第2類医薬品】サンテメディカルガード 12mL

【第2類医薬品】サンテメディカルガード 12mL

 

 

どう考えてもお買い得じゃないですか?

リニューアル品が発売することで、旧品が安くなることはよくある。昨年、「ヘパソフト」という保湿薬が「ヘパソフトプラス」にリニューアルされた。このとき、旧来品の「ヘパソフト」はずいぶん安くなったので、僕はその時購入したのをいまでも使っている。

旧品はいずれ市場から姿を消す。買うなら早い方がいい。

切り替え時期にあたるかどうかは、運もありますけどね。

「今、切り替え時期で安くなっている商品ありますか?」と率直に店員に聞くのもありかもしれない。