「サンテメディカルG」⇒「サンテメディカルG EX」で抗炎症成分アップ

f:id:kuriedits:20161020184039p:plain

サンテメディカルGもリニューアル!

前回、新商品「サンテメディカル12」について書いた。

drugstore.hatenablog.com

刷新された目薬は他にもある。「サンテメディカルG EX」。いままでは「サンテメディカルG」という商品だった。10月20日現在、なぜかアマゾンではEXがまだ売られていない。

商品のサイトはコチラ↓

サンテメディカルガード EX|製品情報 | 参天製薬サンテメディカルシリーズ

旧品はまだ売られている↓

【第2類医薬品】サンテメディカルガード 12mL

【第2類医薬品】サンテメディカルガード 12mL

 

 

抗炎症成分が充実

新商品の特徴ついて。

目疲れを癒す「L-アスパラギン酸」と炎症を抑える「イプシロン-アミノカプロン酸」が追加された。一方で、目の組織の代謝を活発化させるという「タウリン」の濃度は1.0%から0.5%に減った。

「サンテメディカルG」はもともと、炎症を抑えることが特徴の目薬だった。今回、炎症を抑える「イプシロン-アミノカプロン酸」が追加されたことで、抗炎症作用がより強くなったといえるかもしれない。という意味では、わかりやすい改良だ。

 

値段もアップ!

ただ、価格も高い。

旧品は定価1300円ほどだったが、新商品は1600円ほどする。400円という差に見合った内容かどうか、については異論があるように思う。

とはいいつつも、価格差は、誰も気にしてないだろうな。そもそも、以前の値段など、誰もが忘れてしまうわけで。