想像不可能!「市販薬」でググると表示される意外なアノ商品

グーグルの新アルゴリズムがおかしい・・・

グーグルの健康・医療に関するアルゴリズムが、今年12月に変わった。

drugstore.hatenablog.com

当ブログをアクセスは、40~50%下がった。

それはともかく、みなさん、”市販薬”をキーワードにグーグル検索すると、何のサイトがトップにくると思いますか?

試しにやってみてください。

超マイナーな薬がなぜかトップに

ぼくのPCでは、市販薬でググると小林製薬の「ヘモリンド」という薬の公式サイトが表示されます。何の薬かと申しますと、ヂでございます。

www.kobayashi.co.jp

こちらが実際の画面。ね、ヘモリンドがトップにきているでしょう。ぼく、ヂではないし、普段ヂの検索をすることもないのに、よりによって、なぜこんなマイナーが薬が・・・。

f:id:kuriedits:20171223214415j:plain

 

余談なのだけれど、小林製薬のこのサイトは、ネット販売のリンク先がロハコになっている。ロハコはアスクルが母体の通販サイト。いつの間にか両社は提携をしていたようだ。

ほか3名もやはりヂの薬が表示

さて、ひょっとしたらぼくだけがトップにくるのではないかと思ったが、どうやらそうではないらしい。先日アップした記事に、このサイトを見てくださっているお二方からコメントをいただいた。いずれも大正製薬の「ボラギノール」がトップにきたという。やはりヂの薬である。

ダメ押しで家人にもググってもらったら、やはりトップにきたのはボラギノールであった。

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g

 

グーグル、大丈夫・・・?

以前書いた通り、ぼくは今回のグーグルのアルゴリズムの変更を支持している。ただ、市販薬でググってヂの薬がでるのは、ちょっと不安になる。

Are you OK ? グーグル。

Google Home Mini 最速スタートガイド 第2版

Google Home Mini 最速スタートガイド 第2版