2018年花粉症シーズン!3月に後悔しないように、今から花粉症薬を飲もう

花粉症のシーズンになりましたね。まだ薬を飲まなくても我慢できる人もいるでしょうが、なるべく早く飲むことをお勧めします。早く飲むことで、花粉ピーク時の症状を和らげることができるからです。後悔役に立たずです。あれ?先だったかな?

シーズンが本格化する前に早めに花粉症薬を使うことを「初期療法」といいます。初期療法は、症状が少しでも出た時や、花粉飛散予測日からスタートするのが一般的です。初期療法について書かれた記事を一つ紹介します。

style.nikkei.com

この記事では、

先手を打つタイミングは、花粉が本格的に飛散し始める1~2週間前。地域によって多少の差はあるが、だいたいバレンタインデーまでに開始するといい。

 とあります。たとえば日本気象協会によると今年のスギ花粉の飛散予測日(2018年1月16日次点)は関東圏で2月10日~15日、ピーク時(本格飛散ではない)は3月上旬と発表されています。

これと記事の記述を比べると、バレンタインデーまでに飲み始めるのは妥当と思います。

昔は、なるべく早く飲み始めた方がいいとか、1月から飲み始めた方がいいという説がありましたが、複数の研究により、そんなに早く飲んでも効果に差はないということが有力になってきました。

繰り返しになりますが、症状が出たらすぐ飲み始める、もしくはニュースで花粉の飛散が報じられたら飲み始めるのが今のスタンダードです。

・・・というようなことは、ふつうの薬剤師であれば皆さん知っていますので、是非ドラッグストアで聞いてみてください。なお、上記はあくまでスタンダードであって、個々の薬剤師の考え方はまた異なることもあると思います。

ぼくは一昨日から飲み始めています。