ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

花粉苦悶者は、無理して病院へ行く必要はない件

さあ、花粉症シーズンです。ぼくは小さいころから花粉症持ちでして、3月4月はいっつもグズグズしてました。大学、社会人になってからは、アレグラを処方してもらうために病院にいくのが面倒で面倒で。本当に嫌でした。

ぼく「花粉症みたいです」

医師「花粉症で来院されるかた増えてきましたよ。薬で眠くなったことありますか?」

ぼく「ないです」

医師「じゃあ、***薬を出しておきますね」

以上。長年こんなやりとりをしていたので、これが当たり前で、仕方ない事だと思っていました。

でも、いまはちがうんです。病院の薬がドラッグストアで購入できるようになりました。花粉症に苦悶する人は、もう病院へ行く必要がないかもしれません。

ちょっと前から、アレグラのジェネリック(同じ成分で安い薬)が、めちゃくちゃ安く売られるようになりました。病院でジェネリックを処方してもらうのと、費用の差がほとんどありません。だったらドラッグストアやネットで購入した方がいいですよね?たとえば こちらの薬です。

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 詳細は昨年書いたこちらのブログをご覧ください。

drugstore.hatenablog.com