ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

フレイル対策の市販薬!?2018年3月発売の市販薬が凄い

今年の3月はすごいですよ。いままでにない市販薬が色々登場します。

まず3月7日に発売する『スマイルコンタクトEX ひとみリペア』。コンタクト用目薬として日本で初めてビタミンAを配合した目薬です。ビタミンA入りの目薬はいま市販薬の大きなトレンドです。しかし、コンタクト用がなかったんですね。非常にわかりやすい特徴をもっています。こういう新商品、大歓迎です。

www.lion.co.jp

それから消化薬「ベリチーム酵素」という新製品も登場します。ようやく本日3月1日付でプレスリリースが発表されました。成分の中身は、パンクレアチン(でんぷん・たん白質・脂肪を分解)、ビオヂアスターゼ1000(でんぷん・たん白質を分解)、リパーゼAP6(脂肪を分解)、セルラーゼAP3(繊維素を分解)です。

http://www.shionogi-hc.co.jp/whatsnew/pdf/20180301.pdf

上記のプレスリリースによると、

「ベリチーム®酵素」は、天然由来の4つの消化酵素配合。胃と腸で溶けて、消化を促し、胃もたれや胃 部・腹部膨満感に効く消化薬です。

とあり、まあ普通の胃薬なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、続く文言をご覧ください。

年齢とともに消化力の低下を感じる方や、ついつい食べて過ぎてしまう方などの、食後の胃もたれや消 化不良を改善し、食生活をサポートいたします。

この「年齢とともに消化力の低下を感じる方や」というのがポイントです。なにをかくそう、この薬は今年初めの業界誌「ダイヤモンド・ドラッグストア(2018年1月号)」でフレイル対策の薬として紹介されていたんです。それを読んだ時、「ついにここまで来たか!」と思いました。最近なにかと見ることが多い「フレイル(年齢と共に体の機能が衰えた状態)」という言葉。いやまさか、市販薬にこれをもってくるとは思いませんでした。これを発売するシオノギヘルスケアの今後のプロモーションに注目です。

フレイルを商業利用してると口幅ったいことは言いません。世の中の流れ、時代の変化をよく表しているということです。

 

【この記事は2018年3月1日に書いたものを、3月28日に訂正しました】