ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

お詫びと訂正

2017年に書いた下記の記事について、市販薬の価格計算に誤りがありましたので訂正します。

drugstore.hatenablog.com

当初の記事ではアレルビの価格を2か月分で2600円としており、2か月半の費用を5000円程度としていました。しかし、これはおそらく1か月分2600円の誤りです。今回、たまたま読み返して気づきました。

改めて計算すると、2017年3月時点ではまだ受診した方がそれなりに安いことになります。ネットにかぎっていえば、2017年3月はネットではすでにアレルビ28錠が1000円程度で販売されていた時期であり、この場合は2か月半で5000円となりますのでかなり安価といえます。ただ、街のドラッグストアでは(いまも)ここまで安くはなっていません。

2017年はアレグラのジェネリック登場後の初シーズンであるとともに、第2類医薬品となった後の初シーズンでもありました。その意味では”革命的”であったと私は思っているのですけども、一番肝心の価格に誤りがあったことをお詫びして訂正します。

なお、私が知る限りでは2018年のシーズンに入るとネットではアレルビ56錠が1200円程度で販売されていました。