ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

お知らせ

今日はブログを休みますが、大正製薬が「リアップエナジー」というスカルプシャンプー&コンディショナーを発売します。その名前からわかるように、発毛薬「リアップ」のブランド品です。おそらく、リアップを使用している人にこのシャンプーとリンスをおすすめするという戦略でしょう。大正製薬の担当者からこういう商品が出るらしいという話は以前から聞いてましたが、ついに発売したようです。

リアップエナジードライシャンプー

リアップエナジードライシャンプー

 

未来に、力を。「RIUPENERGY(リアップエナジー)」新発売 | 大正製薬

大正製薬は医薬品→シャンプー&リンスと拡大しましたが、これと逆の順番で攻めているのがアンファーの「スカルプD」シリーズです。

元々は吉本芸人のCMなどで高い認知度を誇るスカルプDのシャンプー&リンスを販売していましたが、今年、リアップと同じミノキシジルという成分を配合した「メディカルミノキ5」を開発しました。10月上旬に発売予定だったのですが、添付文書に不備があり、発売が延期されています(未だに延期中かもしれません)。

シャンプー・リンスのような日用品を、医薬品と同じブランドで販売してシナジー効果を狙う戦略は、今後色々なところで増えてくるかもしれません。実際、今年発売された洗口液の医薬品「クリニカフッ素メディカルコート」も、歯ブラシ・歯磨き粉で認知度の高い「クリニカ」のブランド名を関しています。