ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

2019/2/11~2/15の市販薬情報です

今週は新しい目薬が発売しました。「サンテメディカル抗菌」という、ものもらいや結膜炎のお薬です。ボトル容器ではなく1回分が1つの容器に入れられた個別包装の使い切りタイプ。ものもらい薬は長く使うものでもないですし、衛生上保存がきくものでもないので、こうした個別包装はありがたいですね。

ただ、中身はというと、抗菌成分は既存品のサンテ抗菌新目薬と同じ種類・同じ濃度で、それ以外の細かな成分が少しちがうだけ。これで価格は1480円なので、類似品の2倍以上です。

「小さなお子様(1歳以上)にも」とパッケージに記載されているのは親切ではありますが、サンテ抗菌新目薬も1歳以上使用可能なので新しさはありません。

「サンテメディカルシリーズ」は税込1600円の高単価ブランドとしていくつか出ています。今回発売した「サンテメディカル抗菌」の価格は、成分の充実や利便性ではなく、ブランドの価格帯なのではないかという気がしなくもありません。

この目薬については稿を改めたいと思います。