ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

この発想はなかった・・・胃薬「パンシロンキュア30錠」の驚愕的な中身

【第2類医薬品】パンシロンキュアSP錠 30錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】パンシロンキュアSP錠 30錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

パンシロンキュアという胃薬を買ったことがありますか?これ、すごいですね。

こちらをご覧ください。

 

f:id:kuriedits:20180507161106j:plain

 

箱を開けると・・・・

 

f:id:kuriedits:20180507161019j:plain

 

んん?中から出てきたのは錠剤ではなく・・・なんだなんだ?

 

 

f:id:kuriedits:20180507160951j:plain

ドーン!

なんと外装の中に外装が!!

外箱の中にパウチが入っていました。すんごい薄ーい、ペラッペラのパウチです。

完全にかさばってます。なんの意味もない包装です。

ですが事情は推察できます。おそらく、店頭でお客の目に留まらせるため、そして値ごろ感を出すためにこのような過剰包装にしたのでしょう。パウチ式はサイズが小さいですし、フックにかけられることもあるのでお客の目に留まりにくいんですね。また、この薬は私は800円ほどで購入したのですけど、もしこれがペラペラのパウチだったら購入者としては「これしか入っていないのに800円って高い!」と感じると思います。

くだらない工夫だなと思う人もいるでしょう。目立たなければ売れないという小売業の事情をよく反映している商品だともいえます。

今年の花粉症シーズンに「ストナリニZ」を購入したお客が店頭で開封して、箱はそこそこのサイズなのに中身がスカスカ(14錠入り)なのに驚いて、「な、な、なにこれー!こんだけなの!!」と叫んでいたのを思い出しました。

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品