読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅れてきた進撃の巨人、アマゾンの第一類医薬品販売①

アマゾンのロキソニン販売に賛否両論 是か、否か。 4月17日のアマゾンの第一類医薬品(ロキソニンやガスターなど)販売は、ツイッター上の意見を二分した。 「これはめっちゃ便利。薬剤師さんに症状伝えて勧められた薬が効いたことなんてほぼ無いのでweb…

アマゾンが第一類薬を開始!どこよりも詳しく価格、利便性、安全性を報告します

アマゾンの薬の価格、利便性、安全性は? ロキソニンやリアップなど「第一類医薬品」と呼ばれる薬の販売を、アマゾンが4月17日から始めた。この件、ここ2年間色んなドラッグストア各社のサイトで医薬品を購入してきた自称”医薬品ECソムリエ”のぼくが、…

ドラッグストアの店員を体験できる「ダークサイド・オブ・ドラッグストア」

ドラッグストアの店長と薬剤師を体験できます 「ダークサイド・オブ・ドラッグストア」というサイトを、ここ2日ほどで作ってみました。 https://kuriedits.wixsite.com/drugstoregame プレーヤーが目指すのは、ブラックでスマート(賢く)なドラッグストア…

「グローバル・ジャーナリズム」からグローバル・ドラッグストア・ジャーナリズムを

「I'm a pharmacist, working for ...」 国際報道をテーマにした本を読んで、とっても感動したので、思わずこんなツイートをしてしまった。 I'm a pharmacist, working for a drugstore in Japan. I am especially interested in non-prescription medicines…

市販薬の買い方が変わる!?MDVコンシューマー・ヘルスケアの未知のサービス

ビッグデータで市販薬を変える 先進的過ぎるサービスというのは、誰も類似品を見たことがないゆえに、他人にうまく説明することができないらしい。巷の書籍で読んだそんなクダリを、いま実感している。 なんだかよくわからないサービスが、今年、市販薬市場…

昨年「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」に参加された方へのお詫び。それから、アプリを世に出すハードルの高さについて

お詫びします 昨日は日本ジャーナリスト教育センターが主催する、「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」の開催日でした。過去2年連続で参加したぼくでしたが、今年は仕事でいけませんでした。 さて、今日、こうしてブログを書いているのは他でもあ…

大事なことは、すべてクズな健康情報サイトが教えてくれる

ダメなサイトが大事なことを教えてくれる まったくね。かつてコンテンツ(記事)を作ることを生業としていた身としては、読めば読むほど怒りだけがこみ上げてくる出来事だった、WELQ騒動。このメディアはライターにパクリ方法まで指南してたらしい。コン…

アエラの「30代~50代の男女市販薬購入ランキング」

市販薬購入者ランキング やや旧聞に属すのだけど、今年11月7日号の雑誌アエラ(AERA)が「30~50代の男女市販薬購入者ランキング」を載せていた。購入者数ベスト20品がわかるというもの。どんな内容か・・・。 上位は「ロキソニン」「イブ」「ロートジ…

DMMも参入のVR。即体験できるお勧めVRゴーグルとか、情報の伝え方について

フェイスブックも激推し!VR時代が来るよ! アダルトビデオで有名な(?)DMMが、ついに本格的にVR(バーチャル・リアリティ)コンテンツをリリースしました。プレイステーションに続き、これで、ゲームとエロという2大伝道者が地に降り立ちました。…

「薬局新聞」創刊70周年企画で、「業界メディア」をテーマに鼎談

業界メディアがおもしろい みなさん、業界紙とか専門誌といった、いゆゆる”業界メディア”って読んだことありますか? むかし、みのもんたさんが「朝ズバッ!」という番組で、「私は業界紙が大好き」といいながら業界紙の記事を紹介するコーナーがありました…

医薬品からラブローションまで・・・試供品の祭典「ドラッグストア・ショー」

ドラッグストア業界の年に一度の大型企画 「ドラッグストアショー」(主催:日本チェーンドラッグストア協会)へ、先月18日行ってきた。 イベントは金~日曜日の3日間開催された。金曜日は関係者のみ入場可能な商談日で、土日曜日は一般の人たちにも開放…

ジャーナリズムがやがて「アプリ」中心になる3つの理由〜ジャーナリズム・イノベーション・アワードに参加して〜

ジャーナリズムを考える日 「今日は負けませんよ〜っ」 ハフィントンポスト日本版の三代目編集長に就く竹下隆一郎(現朝日新聞メディアラボ)さんに久しぶりにお会いしたので、挨拶すると、 「勝ちますよ」 と答えが返ってきた。先日都内で開催された「ジャ…

風邪ウイルスに効果を発揮する風邪薬「X」

医療関係者が知ったら怒りそう・・・ このタイトルを見て、多くの人は「へー、そんな薬があるんだ」と興味を持ち、医療関係者は「んなもんあるか。ボケ」と怒り、ドラッグストア勤務の薬剤師•登録販売者「ああ、あの薬のことね」と勘づくのではないだろうか…

メディアイベントで賞をとって学んだ「おもしろい」の作り方

ブログの質を上げるためにメディアイベントへ ブログを始めて1年と1か月です。いつもみなさん、ありがとうございます。 先日、あるメディア系イベントに参加したのですけど、ぼくの所属するチームが大賞を取り、メンバーの写真が某全国紙に、わりと大きく…

日本人ばかり使う市販薬①喉の痛みに効くペラックこと「トラネキサム酸」

日本人ばかりが使っている薬 海外ではほとんど使われていないのに、日本ではやたら消費されている薬がある――。 なんて書くと、 「国内製薬メーカーの利権ですね。よくわかります」 という声が聞こえてきそうだが、利権かどうかは置いといて、そのような薬は…

病院へ行くべきか。迷った時はドラッグストアか薬局へ

「病院へ行ったほうがいいですかね?」 体調が悪い。なかなか治らない。病院へ行くべきか。でも、仕事が忙しい。できれば市販薬で治したい。そんな人はたくさんいるだろう。 ドラッグストアで働いていて、市販薬を買いにきたお客から、 「病院へ行ったほうが…

かくかくしかじか、悪文医療ライターKさんのこと(下)

東村アキコさんの「かくかくしかじか」を買ってしまった。 かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット (愛蔵版コミックス) 作者: 東村アキコ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/03/25 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 出来不出来の差が…

かくかくしかじか、悪文医療ライターKさんのこと(上)

人気漫画家・東村アキコさんの「かくかくしかじか」で号泣 もう、マンガを買うことなんてないと思ってた。そう思っていたのに、買ってしまった。ツタヤでレンタルして全巻読んだのに!アマゾンで買い直しちゃったじゃないか! 人気漫画家・東村アキコさんの…

「ムヒ」「ロート」「ヤナギヤ」のパクリ•イン•中国

中国企業のパクリもの 前回、偽造医薬品について書いた。 今回は「偽造」ではないものの、本家本元をパクっていると思われる中国の商品を紹介したい。 近年、中国企業が世界各国の有名ブランドのパクリ品を作っていることが報道されているが、ドラッグストア…

中国人観光客の”爆買”を嫌だと思う5つの理由

店員が”爆買い”中国人観光客に冷たい 10月は中国の建国記念日「国慶節」。中国国内は10月1日から一週間の連休に入る。この大型連休を利用して、多くの観光客が日本を訪れる。 ところで、以前から思っていたのだけど、ドラッグストアの店員の中国人観光…

医療従事者が持つやっかいな正義感について

おことわり ブログはじめて9か月です。 さて、今日は、医療を語ることについて書きます。最初に言っておきます。今回の記事は医療従事者のなかには不快に思われるかたがいると思います。ごめんなさいね、不快に思いたくない人は読まないで。 地域医療ジャー…

「健康第一」は間違っていても、ドラッグストアのことは嫌いにならないでください

ドラッグストアと健康 そもそものハナシ、人はなんのために健康になるんでしたっけ? ドラッグストアは、"健康を売る場所"と言っても過言じゃない。だから、名郷直樹さんというお医者さんが昨年書いた「『健康第一』は間違っている」という本は、ドラッグス…

「ペイシェントサロン」で「相手の立場」を考える

「お客のために」はタブー あるブログで、過去にセブンイレブンに入社したかたが、読んでドキリとさせるエピソードを書いていた。 入社した頃、マネージャに「お客様のためにはこの方が良いと思います」と商品展開の提案をしたところ、 「お前はもういい、帰…

ドラッグストア薬剤師とジャーナリズムが両立した

ジャーナリズムがめちゃ危ない 今日は大切なお知らせがあるのだけど、それはいったん横に置いて、まずはひとつ自慢話をさせてくださいな。 今月号のジャーナリズム専門雑誌「journalismジャーナリズム」(朝日新聞出版)に、薬剤師であるぼくの名前(kuri)…

健康食品業界側だって言いたいことがある。というようなコメントをいただいた話

健康食品業界のかたから、コメントきたよ とある健康食品会社と消費者団体の間のいざこざについて、先週、 「機能性表示食品を非案して、メーカーから抗議がくる。どこまで許せる?」 という記事を書いたところ、きのう、健康食品業界のかたから、 「今回の…

「ドラッグストアとジャーナリズム」はトトロに学ぶことにしました

反省したことを書きます ブログ初めて7か月経ちました。いつも読んでいただいているみなさん、ありがとうございます。おかげさまでPV、伸びているみたいです。伸びてはいるのですけど、さいきん、反省したことがあります。今日はその話です。

「ドクターハウス」が教えてくれる、人生で大切ないくつかのこと【ネタバレ注意】

原因不明の病気を診る医師のドラマ「ドクターハウス」 アメリカでブレイクした医療ドラマ「ドクターハウス」がおもしろかったので紹介したい。医療とは何か?人生の幸せとは何か?いろいろ考えさせられるドラマだった。

堀江貴文さんのメルマガ購読を止めたこと、市販薬の広告に思うこと、それから広告の未来について

堀江さんのメルマガの定期購読を止めました ホリエモンこと堀江貴文さんのメルマガの購読(864円/月)を止めた。先日、堀江さんのメディア「ホリエモンドットコム」が、クライアントから広告料を受け取って掲載した記事にもかかわらず広告であることを表…

死に至る病「わかってくれない病」の治療薬

祝!ブログ開始4か月!コメントは常に歓迎です ブログを始めて4か月が経ちました。あいかわらず書きたいことは山ほどあるのですけど、いかんせん時間がとれません。ブログで飯を食っているわけでもないし、そのつもりもないので、しかたないことだとは思い…

どうしてドラッグストアは、体に悪いタバコを売るのだろう?

体に悪いタバコを売らないという動き 日本のドラッグストアでは、タバコを売っている店がある。なぜタバコを売るのか。体に悪い嗜好品なのに。 喫煙が健康を損なうという論文はたくさんある。今日も、喫煙者の多くがタバコが原因で亡くなっているという海外…

「虫コナーズ」だけじゃなさそう。市販薬にもある”言い過ぎ”広告

CM表示に落とし穴♪ 「人生最後に落とし穴っ」のCMで有名な「虫コナーズ」に、意外な落とし穴があったみたい。今月、消費者庁からパッケージの表記に科学的な根拠が薄いと指摘され、文言の改善を求められた。 「虫コナーズ」などに根拠なし よけ剤販売4…

大手メディアに勝つつもりで参加した「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」。結果は11位/38作品で悔しい

NHK、ハフポストなどが集結したメディアイベントに出品した ナイショにしていたのだけど、先日の土曜日に開催された「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」(主催:日本ジャーナリスト教育センター)に、出品者として参加してきた。タイトル通り、…

自分が飲む薬は自分で決めよう!医療者も協力する口コミサイト「Iodine」の挑戦

読みだすと止まらない医薬品口コミサイト「Iodine」 アメリカの医薬品口コミサイトで、もう一つ注目なのが「Iodine」だ。 これは医療者向けサイト「M-Labo」さんの記事で知った。 はっきりって、Iodineはめちゃくちゃ面白い。読みだすと止まらない。 薬を使…

市販薬のアマゾンレビューが自由なアメリカと、禁じられている日本

僕らの生活の一部になっているアマゾンの「カスタマーレビュー」は、商品の良し悪しを判断できる、とても便利な機能だ。書籍、家電、電子機器・・・購入する前に僕はとりあえずアマゾンのレビューを見る。 あらゆる口コミが揃っているように感じるアマゾンだ…

ときにはメディアの仕事を讃えたい。たとえば「献身―遺伝病FAP患者と志多田正子たちのたたかい―」という本について

FAPという病気を知っていますか? 医療に関する一般書は数あれど、この本に勝る個性的な本はそう多くないと思う。理由は4つ。 ・「FAP」という、世間に知られていない病気がテーマであること ・書籍ができるきっかけが、患者会からの抗議だったこと …

ウンザリするようなネット上の健康情報は、そろそろ撲滅させたいと思う

ネットの検索って全然便利じゃない! 最近、ネットの検索ってめんどくさいなあと思うことが増えた。例えば、健康情報を調べたくて検索して、こぎれいなサイトに、 「○○○○って、×××××××なんです。だから体にすごくいいんです」 と書いてある記事を見つける。 …

中国人とドラッグストア。日本のママさんたちを怒らせた「メリーズ買占め騒動」のその後・・・

ドラッグストアが中国人を嫌がる理由 先日、バイト先のドラッグストアで、「メリーズ買占め」の現場を目撃してしまった。数人の男性客が、正社員の店員につめよって、紙おむつの「メリーズ」を要求していた。 おお、これはひところ流行した「メリーズ買占め…

誰か教えて!ビジネスジャーナルの健康記事にある「データ」の真偽

ビジネスジャーナルの記事って信じていいの? ちょっと困ったことがあった。 どうしていいものか、わからないので、知恵がある方は教えてほしい。 「ビジネスジャーナル」というニュースサイトがある。企業ネタから健康ネタまで幅広い分野をカバーしている、…

消費者は風邪薬をCMで選ぶ。だから損をする

風邪薬の選び方、1位は・・・ ドラッグストアに置かれている風邪薬の種類の数をご存知だろうか。 うちの店で数えてみたら、驚くなかれ、なんと101種類もあった(※1)。数え終えた瞬間、思わず笑ってしまった。101って・・・。こんなに種類が豊富で嬉…

フード左翼の話は聞く価値がある

無駄を削ぐと、生活が自由になる 年の瀬が押し詰まってきた。 1年を振り返って思い出すのが、11月はじめに東京で開かれた「日米の最新“食事情”に見るライフスタイル格差」というイベントに参加したことだ。司会はメディアアクティビストの津田大介さん、ゲス…

「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい」と僕らは薬についても言うべきである

有名薬を「なんとなく」で買うことは、そろそろダサい 僕もドラッグストアでバイトする前は、そうだったから大きな声ではいえないのだけど、市販薬をTVCMとかパッケージで選ぶのは、もうそろそろダサいからやめたほうがいいと思う。「よくわかんないから…

プレジデントの特集記事「薬剤師は絶対飲まない薬」ってどーよ?

良記事?悪記事?ネット上の評判は・・・ 最新号のプレジデントが「病院の裏側」という特集を組んでいる。特集の中で「薬剤師は絶対飲まない『ヤバイ薬』」という記事があることを新聞広告で知り、上手いタイトルにつられて購入した。750円。 ところが、…

ドラッグストアの店員も失敗をする。そのことを語ってもよいだろうか?

ジャーナリズム=情報のオープン化 前々回の記事に、批判のコメントをいただいた。 「ジャーナリズムなら、そのドラッグストアの名前を明かして欲しい。匿名で保護してたらジャーナリズムとはいえないなー。」 というものだ。 ブログタイトルに「ジャーナリ…