ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

メディア

「コロナうがい祭りの前に知っておきたい、うがい成分の3種類」の補足情報

一般向けにnoteに書いた「コロナうがい祭りの前に知っておきたい、うがい成分の3種類」の参考情報を載せておきます。ここで書くのはあくまでも資格者向けです。一般の方が読んでも誤解・誤読する可能性があるので(なるべくそうしないように気をつけてはい…

キンカンがアマギフ100万円分プレゼント!SNS時代の新マーケティング【2020/7/20~7/25のニュース】

本当は教えたくないほどの、驚愕おトクなキャンペーンが今週から始まりました。虫刺されのキンカンが、100万円分のamazonギフト券をプレゼントするというのです。キンカンを買わなくても、誰でも応募できます。以下が概要です。 虫さされ史上初LKINKANBIG…

医療系タイムラインはなぜ「ズレ」るのか

ツイッターの主な利用者は20代以下 『アフターソーシャルメディア』という本に衝撃的な事実が載っていた。国内のメディア調査によると、ツイッターの利用者は20代が中心らしい。10代もたくさんいるという。男女は半々だという。おやおや、一体どこの世…

市販薬メーカー界の「ツイ廃」を勝手に調べてみた(The Japanese Journal of Twitter 2020)

市販薬メーカーに「ツイ廃」はいるか? The Japanese Journal of Twitter. 2020 June;28(6):89-99. USOID:800 【要約】ツイッター界隈において「ツイ廃」と呼ばれるツイッター中毒者が日本国内に一定数存在することは以前から知られているが、市販薬メーカー…

夢破れて笑いあり。裏企画「キンカン渋谷の夢」がすごい【2020/6/8~6/12のニュース】

「キンカン ノアール」という薬をご存知でしょうか。こちらです。なんだかかっこいいですね。 【第2類医薬品】キンカン ノアール 20mL 発売日: 2020/03/06 メディア: ヘルスケア&ケア用品 これ、実はあの昔からお馴染みの虫さされ薬「キンカン」なんです。…

世界初!?セデスの箱に仕掛けられた秘密の機能&エヴァ限定目薬のおもしろ新プロモーション【2020/6/1~6/5のニュース】

今更ではありますが、今年の4月から痛み止めのセデスシリーズのパッケージが変更されていました。パッケージデザインが変更されたことは知っていたのですけど、そこにある「仕掛け」の存在には気づきませんでした。なんと世界初だそうです。発売元のシオノ…

米国セルフメディケーション残酷物語

自由の国の大統領発言 効くかどうかわからない、というかむしろ効かないんじゃないかと言われている薬を、「自分はコロナ予防のために飲んでる」と大統領が公言するなんて、いやどんだけ自由の国だよ自由にもほどがあるだろ、とか思うわけですが、そんな中で…

人種差別に対して医療専門家が取り組むべき5つの提言(NEJM 2016)

黒人男性の拘束死をきっかけに、アメリカで人種差別を巡って暴動が起きています。そこで、医療分野の視点で人種差別について考えるべきことがあるのではないかとpubmedで調べてみたところ、シェアしておきたい記事がありましたので紹介します。 2016年の…

次亜塩素酸水の使い方に注意喚起。そして市販薬に新たな不可解な需要【2020/5/25~5/29のニュース】

新型コロナ拡大が始まってから何かと話題になっていた消毒剤に「次亜塩素酸水」というものがあります。エタノールなどの一般的な消毒製品が早々に欠品し、代わりに多くの消費者がこの次亜塩素酸水というものを代替品として購入していったような気がします。 …

新型コロナを語るならセルフメディケーションも語らねばならない

1960年代のセルフメディケーションを解体せよ 小売業に身を置くわたしは、ここ数ヶ月の間、多くの生活者の不安や混乱を目の当たりにしてきました。そこで見て感じたことは、日本の「セルフメディケーション(self-medication)」の概念は一旦解体した方がい…

【新春特別企画】どうして、ドラッグストアの薬は『残念』なのか?

胸に刺さった大きなブーメラン あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて、2020年の当ブログはインタビューから始めたいと思います。控えめにいって、かなり貴重なインタビューです。 ご登場いただくのは、市販薬メーカー勤務…

【報告】市販薬情報の伝え方を考える勉強会(後)~いま読者にとって有益な情報とは?~

現場からの提案、「パス&ポジティブ」記事 先月参加した市販薬のイベントでお話したことの続きです。前回のブログでは「市販薬情報は不足しており、いまは総量を増やすことが大切」ということを書きました。 では、読者にとって有益な市販薬情報とは、どの…

【報告】市販薬情報の伝え方を考える勉強会(前)~情報供給側に立ち塞がる『3つの壁』~

市販薬をテーマにお話ししました 先日、メディカルジャーナリズム勉強会が主催する『伝え方サミット』というイベントに登壇させていただきまして、医師の平憲二さん、薬剤師の高橋秀和さんと一緒に「市販薬」をテーマにお話しさせていただきました。 お陰様…

【アンケート結果】キャラクター目薬は「アリ」か「ナシ」か

先日、北斗の拳の目薬を紹介した時に「キャラクターで薬の購入を誘導するってアリなんでしょうか?」という疑問を書きました。みなさんはどうお考えでしょうか。 気になったのでツイッターでアンケート調査をしたところ、意外な結果となりましたので報告しま…

立てよ薬剤師!語れ市販薬!!

日薬学術大会企画「立てよ薬剤師」! たぶんはじめましてでしょう。ドラッグストアの薬剤師のkurieditsと申します。このエントリは、先日の日本薬剤師会学術大会で発表された『立てよ薬剤師』企画に予めお誘いいただいて書いたものです。読者は薬剤師の方々…

ドラッグストアで働きたい人、ドラッグストアで働いている人が知っておくべき2つの話

経産省とドラッグストア協会が未来を語る このブログで以前、ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどの無人レジ化が進んでいることを紹介しました。その続報です。 専門誌『流通テクノロジー』2018年7月号に、無人レジ化をけん引する経済産業省の担当…

週刊現代『名医20人が飲んでる市販薬』は残念ながらこんな風にも書けてしまう

市販薬で認知症になる――。衝撃的な内容で世間を震撼させた先週の週刊現代(6月16日号)のかぜ薬特集。同誌は今週、続報として”名医が使う本当に安心できる市販薬”を実名リストで紹介した。しかし、その内容に今度は薬剤師から疑問の声が上がっている・・…

世界一売れている痛み止め貼り薬が久光製薬だった件

だそうです。しかも2年連続で。久光製薬のプレスリリースにありました。こちらです。 http://www.hisamitsu.co.jp/company/pdf/news_release_180518.pdf サロンパスが販売シェア世界一だそうです。 久光製薬では張って手当てすることの素晴らしさを世界に伝…

メガネのJINSが目薬の販売をスタート!その5つの特長を紹介します

ななな、なんとメガネショップのJINSが、市販薬の販売をネットで始めました。その名も「JINS drug+」。なかなかカッコイイサイトです。 www.jins.com JINSの公式サイトによると、2018年5月10日よりスタート。同社のニュースリリースより引き…

ネットで薬を買うことの危険な落とし穴

先日、ネットで市販薬を購入することは、街のドラッグストアで買うことと比べて危険というわけではないと書きましたが、ネットならではの落とし穴があるのは事実です。 それは、通常のドラッグストアではあまり売っていない薬が、ネットでは買えてしまうとい…

サッカー日本代表バージョンの目薬「ロートg」が発売

目薬の「ロートg」といえば、昨年、スライム型の目薬で一世を風靡しました。今年はサッカー日本代表のモデルが4月25日から発売されます。 『「ロートジー®」サッカー日本代表ver.サムライブルーパッケージ』数量限定で発売 | ロート製薬株式会社 容器に…

市販薬批判で逮捕された中国医師。倒産するかもしれない製薬会社

市販薬をネット批判したら突然逮捕された。そんな恐ろしいことが中国であったようです。 中国で人気の伝統薬用酒「鴻茅薬酒(Hongmao Medicinal Liquor)」を「毒薬」などと評した医師が訴追手続きもないまま3か月間も警察に逮捕・勾留され、同国の医学界に…

社員に高い目薬を配る「ぜいたく目薬制度」

岐阜県で社員に高い目薬を配る会社があるようです。社内の救急箱に風邪薬などを置いている会社はたくさんありますが、目薬は聞いたことがありません。でも、目薬を使っているデスクワークの方って結構いますよね。 ホームページ(HP)制作のリーピー(岐阜…

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」とニュートリショニズムからの脱却

医師で医療政策が専門の津川友介さんの本「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を読みました。 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 作者: 津川友介 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/04/13 メディア: 単行本 この商品を…

「健康を食い物にするメディアたち」は無茶ぶりかもしれない

昨日は朽木誠一郎さんの著書「健康を食い物にするメディアたち」という本を読みながら、メディアを健康にする食い物たちを探して蕎麦屋に入りました。十割蕎麦のような「茶色い炭水化物」は体にいいらしいですよ。津川友介さん(医師、医療政策専門)の本に…

北米アリババ副社長Lee McCabeさんが語った「アリババと流通の未来」

中国にアリババというネット通販企業があります。このアリババのグループ企業が他の企業と一緒に、各家庭にある有効期限切れの医薬品を回収するキャンペーンを、3月13日から31日まで行ったそうです。中国国内では期限切れの薬が深刻な環境汚染の原因に…

「風邪薬で生理が遅れる」は本当か?

ナイナビウーマンというサイトが、生理を遅らせる裏ワザとして「風邪薬を飲む」と紹介して炎上、記事の削除に追い込まれました。 記事は2016年11月に掲載されたもので、ピルを飲まずに生理を遅らせる方法として「風邪薬を飲む」「体調を崩す」などと記載。同…

アンメルツが中国で作られる

肩こり薬「アンメルツ ヨコヨコ」でお馴染みの小林製薬が、中国で薬の製造を始めることを3月29日に発表しました。いままでは「日本で販売しているからこそ信頼できる」というのが、中国の方々が日本で薬を爆買いする理由とされていました。中国で作った日…

ドラッグストアの店員が「花粉を水に変えるマスク」を売るのをやめた、たった一つの理由

結構売ってましたけど、もうやめます 「花粉を水に変えるマスク」を売るのをやめました。店頭には在庫がありますけれど、お客に説明することはもうやめました。私は実際に使ってみて、割とよくできたマスクだという感想を持っていたので残念、無念です。 今…

中国人観光客に人気の薬はいまも「サンテFX」だった

中国の方々に人気の市販薬は、いまも「サンテFX」のようです。根強い人気ですね。記事によると、ピーチ味が人気が出る傾向があるそうです。これもおもしろいですね。 www.sankeibiz.jp そして、ランキングの中にうまい棒が・・・。