メディア

お知らせ

今日はブログを休みますが、ネット情報ついて一言、言いたい事があります。 「我々は編集者にはなりたくない」 つい先日、グーグルのトップが日経新聞のインタビューにこんな発言をしていました。 「検索は真実に基づいた信頼できる情報をユーザーに提供する…

週刊新潮「『漢方』の大嘘」を誤読してはいけない

漢方は副作用だらけで危険!? 「『漢方』の大嘘」という特集が、週刊新潮9月14日号と21日号で組まれたわけだが、これが大変刺激的な内容になっている。漢方薬の副作用で入院、転倒、肝障害、死亡など、恐ろしいパワーワードが続々と登場する。ツムラの…

薬の広告も過ぎれば毒となる。タケダの広告がスゴいんです

アリナミンVは医薬部外品だから効く・・・ 先日、栄養ドリンク「アリナミンV」のテレビCMがおかしいと書いた。 「エナジードリンクと何が違うの?医薬部外品だから効くんだ~」と耳を疑うような、業界震撼の斬新すぎるフレーズが胸に突き刺さる。正直、…

アリナミンVのCM「医薬部外品だから効く」は、なぜ炎上しないのか

「医薬部外品だから効く」!? ここ数か月、世間では牛乳石鹸やアルコール飲料のコマーシャルが炎上している。その陰で、とある栄養ドリンクのかなり珍妙なコマーシャルがしれっと存在していることをご存じだろうか。 武田コンシューマーヘルスケア(武田薬…

健康情報サイトのパクリ記事が20000%許されない理由

www.fizz-di.jp 健康情報の信頼性を揺るがせた騒動の当事者が・・・ トンデモな健康情報をたくさん載せていたWELQというサイトが閉鎖してから半年以上経つが、先日、こんなツイートが目に留まった。おやまあ。 welqの件でDeNAさんと直接お話するために、某所…

遅れてきた進撃の巨人、アマゾンの第一類医薬品販売③

第一類医薬品の販売と薬剤師 「ただいまの時間は薬剤師が不在のため、第一類医薬品をお売りできません」 そんな立札をドラッグストアの店頭で見たことのある人は多いと思います。 薬剤師がいなくては第一類医薬品は販売できません。これは法律で定められてい…

遅れてきた進撃の巨人、アマゾンの第一類医薬品販売②

医薬品のネット販売と法律の縛り 【第1類医薬品】ロキソニンSプラス 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品 出版社/メーカー: 第一三共ヘルスケア 発売日: 2015/06/22 メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含むブログを見る アマゾン社のドラッグス…

遅れてきた進撃の巨人、アマゾンの第一類医薬品販売①

アマゾンのロキソニン販売に賛否両論 是か、否か。 4月17日のアマゾンの第一類医薬品(ロキソニンやガスターなど)販売は、ツイッター上の意見を二分しました。 「これはめっちゃ便利。薬剤師さんに症状伝えて勧められた薬が効いたことなんてほぼ無いので…

アマゾンが第一類薬を開始!どこよりも詳しく価格、利便性、安全性を報告します

アマゾンの薬の価格、利便性、安全性は? ロキソニンやリアップなど「第一類医薬品」と呼ばれる薬の販売を、アマゾンが4月17日から始めた。この件、ここ2年間色んなドラッグストア各社のサイトで医薬品を購入してきた自称”医薬品ECソムリエ”のぼくが、…

ドラッグストアの店員を体験できる「ダークサイド・オブ・ドラッグストア」

ドラッグストアの店長と薬剤師を体験できます 「ダークサイド・オブ・ドラッグストア」というサイトを、ここ2日ほどで作ってみました。 https://kuriedits.wixsite.com/drugstoregame プレーヤーが目指すのは、ブラックでスマート(賢く)なドラッグストア…

「グローバル・ジャーナリズム」からグローバル・ドラッグストア・ジャーナリズムを

「I'm a pharmacist, working for ...」 国際報道をテーマにした本を読んで、とっても感動したので、思わずこんなツイートをしてしまった。 I'm a pharmacist, working for a drugstore in Japan. I am especially interested in non-prescription medicines…

市販薬の買い方が変わる!?MDVコンシューマー・ヘルスケアの未知のサービス

ビッグデータで市販薬を変える 先進的過ぎるサービスというのは、誰も類似品を見たことがないゆえに、他人にうまく説明することができないらしい。巷の書籍で読んだそんなクダリを、いま実感している。 なんだかよくわからないサービスが、今年、市販薬市場…

昨年「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」に参加された方へのお詫び。それから、アプリを世に出すハードルの高さについて

お詫びします 昨日は日本ジャーナリスト教育センターが主催する、「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」の開催日でした。過去2年連続で参加したぼくでしたが、今年は仕事でいけませんでした。 さて、今日、こうしてブログを書いているのは他でもあ…

大事なことは、すべてクズな健康情報サイトが教えてくれる

ダメなサイトが大事なことを教えてくれる まったくね。かつてコンテンツ(記事)を作ることを生業としていた身としては、読めば読むほど怒りだけがこみ上げてくる出来事だった、WELQ騒動。このメディアはライターにパクリ方法まで指南してたらしい。コン…

アエラの「30代~50代の男女市販薬購入ランキング」

市販薬購入者ランキング やや旧聞に属すのだけど、今年11月7日号の雑誌アエラ(AERA)が「30~50代の男女市販薬購入者ランキング」を載せていた。購入者数ベスト20品がわかるというもの。どんな内容か・・・。 上位は「ロキソニン」「イブ」「ロートジ…

DMMも参入のVR。即体験できるお勧めVRゴーグルとか、情報の伝え方について

フェイスブックも激推し!VR時代が来るよ! アダルトビデオで有名な(?)DMMが、ついに本格的にVR(バーチャル・リアリティ)コンテンツをリリースしました。プレイステーションに続き、これで、ゲームとエロという2大伝道者が地に降り立ちました。…

「薬局新聞」創刊70周年企画で、「業界メディア」をテーマに鼎談

業界メディアがおもしろい みなさん、業界紙とか専門誌といった、いゆゆる”業界メディア”って読んだことありますか? むかし、みのもんたさんが「朝ズバッ!」という番組で、「私は業界紙が大好き」といいながら業界紙の記事を紹介するコーナーがありました…

医薬品からラブローションまで・・・試供品の祭典「ドラッグストア・ショー」

ドラッグストア業界の年に一度の大型企画 「ドラッグストアショー」(主催:日本チェーンドラッグストア協会)へ、先月18日行ってきた。 イベントは金~日曜日の3日間開催された。金曜日は関係者のみ入場可能な商談日で、土日曜日は一般の人たちにも開放…

ジャーナリズムがやがて「アプリ」中心になる3つの理由〜ジャーナリズム・イノベーション・アワードに参加して〜

ジャーナリズムを考える日 「今日は負けませんよ〜っ」 ハフィントンポスト日本版の三代目編集長に就く竹下隆一郎(現朝日新聞メディアラボ)さんに久しぶりにお会いしたので、挨拶すると、 「勝ちますよ」 と答えが返ってきた。先日都内で開催された「ジャ…

風邪ウイルスに効果を発揮する風邪薬「X」

医療関係者が知ったら怒りそう・・・ このタイトルを見て、多くの人は「へー、そんな薬があるんだ」と興味を持ち、医療関係者は「んなもんあるか。ボケ」と怒り、ドラッグストア勤務の薬剤師•登録販売者「ああ、あの薬のことね」と勘づくのではないだろうか…

メディアイベントで賞をとって学んだ「おもしろい」の作り方

ブログの質を上げるためにメディアイベントへ ブログを始めて1年と1か月です。いつもみなさん、ありがとうございます。 先日、あるメディア系イベントに参加したのですけど、ぼくの所属するチームが大賞を取り、メンバーの写真が某全国紙に、わりと大きく…

日本人ばかり使う市販薬①喉の痛みに効くペラックこと「トラネキサム酸」

日本人ばかりが使っている薬 海外ではほとんど使われていないのに、日本ではやたら消費されている薬がある――。 なんて書くと、 「国内製薬メーカーの利権ですね。よくわかります」 という声が聞こえてきそうだが、利権かどうかは置いといて、そのような薬は…

病院へ行くべきか。迷った時はドラッグストアか薬局へ

「病院へ行ったほうがいいですかね?」 体調が悪い。なかなか治らない。病院へ行くべきか。でも、仕事が忙しい。できれば市販薬で治したい。そんな人はたくさんいるだろう。 ドラッグストアで働いていて、市販薬を買いにきたお客から、 「病院へ行ったほうが…

かくかくしかじか、悪文医療ライターKさんのこと(下)

東村アキコさんの「かくかくしかじか」を買ってしまった。 かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット (愛蔵版コミックス) 作者: 東村アキコ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/03/25 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 出来不出来の差が…

かくかくしかじか、悪文医療ライターKさんのこと(上)

人気漫画家・東村アキコさんの「かくかくしかじか」で号泣 もう、マンガを買うことなんてないと思ってた。そう思っていたのに、買ってしまった。ツタヤでレンタルして全巻読んだのに!アマゾンで買い直しちゃったじゃないか! 人気漫画家・東村アキコさんの…

「ムヒ」「ロート」「ヤナギヤ」のパクリ•イン•中国

中国企業のパクリもの 前回、偽造医薬品について書いた。 今回は「偽造」ではないものの、本家本元をパクっていると思われる中国の商品を紹介したい。 近年、中国企業が世界各国の有名ブランドのパクリ品を作っていることが報道されているが、ドラッグストア…

中国人観光客の”爆買”を嫌だと思う5つの理由

店員が”爆買い”中国人観光客に冷たい 10月は中国の建国記念日「国慶節」。中国国内は10月1日から一週間の連休に入る。この大型連休を利用して、多くの観光客が日本を訪れる。 ところで、以前から思っていたのだけど、ドラッグストアの店員の中国人観光…

医療従事者が持つやっかいな正義感について

おことわり ブログはじめて9か月です。 さて、今日は、医療を語ることについて書きます。最初に言っておきます。今回の記事は医療従事者のなかには不快に思われるかたがいると思います。ごめんなさいね、不快に思いたくない人は読まないで。 地域医療ジャー…

「健康第一」は間違っていても、ドラッグストアのことは嫌いにならないでください

ドラッグストアと健康 そもそものハナシ、人はなんのために健康になるんでしたっけ? ドラッグストアは、"健康を売る場所"と言っても過言じゃない。だから、名郷直樹さんというお医者さんが昨年書いた「『健康第一』は間違っている」という本は、ドラッグス…

「ペイシェントサロン」で「相手の立場」を考える

「お客のために」はタブー あるブログで、過去にセブンイレブンに入社したかたが、読んでドキリとさせるエピソードを書いていた。 入社した頃、マネージャに「お客様のためにはこの方が良いと思います」と商品展開の提案をしたところ、 「お前はもういい、帰…