ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

ロキソニンテープの新ラインナップ「EX」が発売【2022/4/11~4/15ニュース】

ロキソニンの貼り薬の新商品が、12日に発売しました。従来のロキソニンSテープとは別に、ロキソニンEXテープが新たに登場。ゲルとローションにも「EX」が加わり、従来のSシリーズの外用薬は、おそらく市場から無くなっていくと思います。

「S」から「EX」になったことの変更点は以下の通りです。なお、パップ(ふにゃふにゃのシップ)にはEXはありません。

テープ:厚さが30%薄い。成分にはメントールとトコフェロールを配合

ゲル・ローション:メントールを配合

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/content/000106746.pdf

ちょっと気になるのが、テープタイプの外箱に「ロキソプロフェンナトリウム水和物8.1%」と、特に「8」の部分が強調されていることです。Sシリーズでは5.67%でした。ニュースリリースではこの点について一切触れていないので、どう捉えて良いのかわかりませんが、モヤモヤしますね。

 

市販薬の外用剤というのは、新商品のパターンがだいたい決まっています。

①メントールやトコフェロールを追加配合

②テープが薄くなったり、剥がれにくくなったり、刺激が減ったり、匂いが減ったり

③携帯しやすい包装

新成分というのは、もう随分長いあいだ、登場していないんじゃないでしょうか。寂しいですね。今後、外用剤はどうなるのか。気になります。