ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

ロキソニンのジェネリックが200円!?価格破壊がすさまじい市販薬のネット販売

痛み止めのロキソニンと同じ成分で安いくすり(いわゆるジェネリック)の価格が、ネット上で驚愕の低価格になっています。

5月2日現在のケンコーコムでは「ロキソプロフェン」(皇漢堂)が12錠入り(12回)でなんと186円(税抜)です。送料は別途かかりますが、2500円以上同時購入で送料無料となりますので、日用品のついでに購入すればこの価格で購入できます。

町のドラッグストアでは、イブやセデスといった、一般にはロキソニンよりは効果がやや劣ると考えられている痛み止めが、その何倍もの価格で売られているわけです。

これほどの価格差があると、市販薬を常備薬として購入するならばネットがいいと思う人もいるでしょう。

ちなみにアマゾンは474円です。低価格が有名なサンドラッグではネットで241円です。