ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

新型コロナ治療薬ゾコーバと市販薬の関係は?【2022/11/21~11/25のニュース】

大きなニュースが2つありました。1つは、ゾコーバという新型コロナの治療に使える飲み薬が登場したことです。効果のほどはさておき、飲みあわせが注意となる薬剤がそこそこあります。ドラッグストアで販売されているような成分も、一応ありました。このブログで言いたいこととしては、とにかく、病院では、市販薬を含めて飲んでいるものはお医者さんにお伝えくださいということです。

禁忌リストの中で、実務レベルで一番関わりが大きいのは、サプリメントのセイヨウオトギリソウかもしれません。セントジョーンズワートという名前で、大手サプリ会社からも発売されています時々、購入されるかたがいます。飲みあわせとしては、治療薬の効果が低減する可能性があります。

その他、禁忌リストの中に「エルゴタミン酒石酸塩・ 無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン」の項があり、後者2つが市販薬含有成分ではあります。ただし、禁忌理由はゾコーバのCYP阻害とエルゴタミンのCYP代謝なので、グルクロン酸抱合のIPAとの関連は薄いと思います。現時点では問題にはならないかなという印象です。

禁忌ではありませんが、併用注意の項目にロペラミドがありました。これも市販薬にある下痢止め成分です。飲み合わせによって、ロペラミドの血中濃度が上がります。干渉する程度については私は未確認です。

注意しておきたいこととして、ここに書いたことが、注意すべき飲みあわせの全てではありません。ゾコーバはCYP3Aと呼ばれる体内の解毒システムに関与するので、他にも色々考えなくてはいけないように思います。

今週のもう1つのビッグニュースは、インフルエンザと新型コロナを同時に検査する検査キットが市販薬になる可能性がかなり高いというニュースです。そのような方針を厚労省が固めたことを、今週の日経が報じました。もうすぐ正式な方向性が決まるようです。もし、この検査キットが市販薬になるとしたら、様々なところに影響するでしょう。非常にインパクトの高いニュースです。

 

おまけ情報。参天の目薬で限定品が21日から発売しました。サカナクションの山口さんオリジナルデザインパッケージです。以前からコラボしてますね。

https://www.santen.com/ja/news/20221121-1.pdf