ドラッグストアとジャーナリズム

自分に合った市販薬を選びませんか?

風邪薬の2大ブランド「ベンザ」と「ストナ」が成分強化で新発売【2020/8/31~9/4のニュース】

今週は風邪薬の2大ブランドの大きな新発売がありました。一つは、タケダのベンザブロックシリーズと、もう一つは佐藤製薬のストナシリーズです。タケダは9月4日、9月1日に新発売しました。タケダの方はその前から一部の店ではすでに発売されていましたが、公式サイトでは9月4日発売としていますので、それに従って紹介します。

タケダはベンザブロックプレミアムLなど、佐藤製薬はストナアイビージェルEXなどです。

この2つのブランドに共通するのは、イプブロフェン600mg/日とトラネキサム酸750mg/日を組み合わせが商品が同時に登場したことです。効き目は市販薬の中で間違いない高い方だと思います。

全体的に、これでもかといろんな成分が入っています。風邪薬の既存の成分は、一旦、行き着くところまで行き着いたなという印象です。総合感冒薬はこれから先、一体どこへ行くのでしょうか。

さて、全然余談になりますが、こんな記事を見つけました。

logmi.jp

市販薬のECレビューサイトを作るという・・・起業があるようです。市販薬の口コミサイトについては、私も5年ほど前に考えて、いや考えたところで、そこから起業には至らず、今もサラリーマンをしているわけですが、改めて振り返ると、あの時やらなくてよかったなあと思ってます。この記事の起業を否定するわけでは全然ないんですけどね。

これについては、またどこかで考えをまとめたのちに、書きたいと思います。ちなみに海外ではずっと昔にIODINEという先駆的な医薬品の口コミサイトがありましたが、どうもうまくいかなかったようです。

 

logmi.jp