読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

われらが国産ドラッグストア「マツキヨ」VSアジアNo.1のドラッグストア「ワトソンズ」。結果は・・・

「ワトソンズ」VS「マツキヨ」でいってみましょう 海外シリーズも今日でおしまい。さいごにドラッグストアについて書いておきたい。 自動車や家電など海外で活躍する日本の産業は多々あるけれど、ドラッグストアってどうなんでしょうね? 日本のドラッグスト…

あなたには薬を売れませんよ?ドラッグストアの「売らない力」

お客のためを思ってアドバイス・・・すごく失望された ドラッグストアでバイトを始めた時、女性客から健康の相談を受けて、「病院を受診されたほうがいいですよ」とアドバイスしたことがある。 市販薬を勧めてもよかったのだけど、総合的に考えると病院へい…

ドラッグストアでは誰に質問すればいい?知っておくと便利な「人種」の知識

「店員があまり教えてくれない・・・」 1月に開催された「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」のイベント会場で、ぼくが、 「ドラッグストアでは店員に相談したほうがいいですよ」 とプレゼンしていたら、参加者のなかから、 「店員に薬のことを聞…

どうしてドラッグストアは、体に悪いタバコを売るのだろう?

体に悪いタバコを売らないという動き 日本のドラッグストアでは、タバコを売っている店がある。なぜタバコを売るのか。体に悪い嗜好品なのに。 喫煙が健康を損なうという論文はたくさんある。今日も、喫煙者の多くがタバコが原因で亡くなっているという海外…

意外と怖い市販薬のトリセツ。疑問はメーカーに問い合わせよう

よく読むと怖い、市販薬のトリセツ 薬についているトリセツを、専門用語で「添付文書」という。薬の飲み方や、使用上の注意点が書いてある。けっこう細かい字でわーっと書かれているので、大抵の人は読む気がしないと思うし、すべてに目を通したことがある人…

セルフメディケーションより大切なものがある

いまの市販薬って相当おかしくないですか? ブログを始めて、きのうで3カ月。さいきん嬉しかったことの一つは、先月末に、薬剤師のkittenさんのブログで紹介していただいたこと。 <a href="http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-613c.html" data-mce-href="http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-613c.html">「ドラッグストアとジャーナリズム」 - 薬剤師kittenの雑記帳</a>い…

いつも買っているあの市販薬と同じ成分なのに安い薬たち

同じ成分なのに安い!「ロキソニンS」「ガスター10」も ドラッグストアには、”同じ成分・同じ成分量”なのに、値段が安いというお得な薬がいくつかある。そういう薬は大抵、聞きなれないメーカーが作っていて、パッケージデザインも決してかっこいいとはい…

やっかいな外国人のお客に「くそ、死ね」という前にできること

ドラッグストアにも外国人が来る! 夜間救急で来たブラジル人に、医師が「くそ、死ね」といったことをテレビのニュースが報じていたけど、僕もバイト先では外国の人の接客をしているので、他人事ではない。どきどき。 「くそ、死ね」搬送女児のブラジル人父…

ドラッグストアで損するお客は「自力型」「即決型」「依存型」の3タイプではあるまいか

ドラッグストアで損する3つのタイプ 余計なお世話だけど、ドラッグストアで働いていると、 「このお客さん、ひょっとして損しているんじゃないかな?」 と思うことがある。時間的にも、経済的にも、もっと効率的な消費行動がとれるような気がする。 ドラッ…

ドラッグストアとセルフメディケーションという時代

「セルフメディケーション」で大きくなるドラッグストアの役割 年末年始と今回の連休で、暴飲暴食した人はいないだろうか。昨年から、薬局やドラッグストアで、血糖値やコレステロール値が測れるようになった。これまで禁止されていたわけではないのだけど、…

ドラッグストアにある「売れ筋商品」には、ヘンなサイクルが回っているかもしれない

「よく売れてる」ってどういうことだろう ドラッグストアに行くと、特定の商品に、 「売れています!」とか「当社の売上1位!」 といった張り紙や看板が付けられていることがあるけど、これっていったい、どういう意味なんだろうか? 前にも書いたけど、僕…

中国人とドラッグストア。日本のママさんたちを怒らせた「メリーズ買占め騒動」のその後・・・

ドラッグストアが中国人を嫌がる理由 先日、バイト先のドラッグストアで、「メリーズ買占め」の現場を目撃してしまった。数人の男性客が、正社員の店員につめよって、紙おむつの「メリーズ」を要求していた。 おお、これはひところ流行した「メリーズ買占め…

消費者は風邪薬をCMで選ぶ。だから損をする

風邪薬の選び方、1位は・・・ ドラッグストアに置かれている風邪薬の種類の数をご存知だろうか。 うちの店で数えてみたら、驚くなかれ、なんと101種類もあった(※1)。数え終えた瞬間、思わず笑ってしまった。101って・・・。こんなに種類が豊富で嬉…

ドラッグストアの必殺技「どちらもほとんど変わりません」

研修医の必殺技 先日、医療者向けウェブサイト(※)で医師が書いた「研修医の必殺技」というコラムを読んで吹き出してしまった。医療従事者も人間なんだね(当たり前だけど)と思えるコラムだった。 大学を卒業したての医師は「研修医」と呼ばれる。彼らは実…

ドラッグストアにはヘンな店員がいる。その3つのタイプ

ドラッグストアの店員って、大した薬の知識ない? 先日の記事に、ぼくしさん(ID:masafuro)がコメントをくださった。そのなかに、 「その割に、薬の知識が豊富なわけではないんですよね。」 というくだりがあって、僕はこれを最初勘違いして、 「ドラッグス…

ドラッグストアが儲かる薬と、僕らが身に付けるべき2つの心得

「粗利の大きな薬を売って下さい」 あるとき、バイトへ行くと、店長(登録販売者)が、一枚の紙を見せた。その月の店の売上目標と、現在の達成率が書かれていた。 「もうちょっとで目標達成できるので、なるべく粗利の大きな商品を売って下さい」 と店長は言…